血液培養検査の市場規模、2025年に61億米ドル到達見込み

血液培養検査の市場規模は、2020年の40億米ドルからCAGR 8.9%で成長し、2025年には61億米ドルに達すると予想されています。これは、敗血症患者の増加と高額な治療費、高齢者人口の増加、血流感染症の発生率の高さ、迅速な診断技術の需要の増加、感染症の流行などの要因に起因しています。

COVID-19の血液培養検査市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中のビジネスや経済活動に大きな支障をきたしています。医療施設・治療センターの利用が制限されたことから、血液培養検査市場にマイナスの影響を与えることが予想されます。医療システムへの負担を軽減し、病気の感染を減少させるために、各国政府は、必要のない医療や手術を延期する傾向にあります。また、旅行、ビジネス活動、公共の集まり、ヘルスクラブ、フィットネス・ウェルネスセンターなどの分野でも、制限やロックダウンが行われています。需要が供給を大幅に上回る状況に陥ったため、多くの検査機関が検査を続けることに困難をともないました。このことは、血液培養検査市場にマイナスの影響を与えました。

牽引要因:血流感染症の高い発生率

院内血流感染症(BSI)は、世界的に主要な死亡原因の一つです。米国では、毎年約25万件の院内BSIが発生しています。血流感染症は約3000万人が罹患し、600万人が死亡しており、毎年300万人の新生児と120万人の小児が敗血症に罹患しています。感染症の発生は、治療費だけでなく、全体的な入院期間を長引かせます。BSIの発生率が高いことから、感染症の早期発見に役立つ高度な血液培養技術の需要が増加することが予想されます。

抑制要因:自動化機器のコスト高

自動化された血液培養装置は、高度な機能を備えているため、価格が割高になります。PCRなどの自動化機器の価格は約1万から1万5000米ドル、MALDI-TOF MSシステムの価格は約15万から85万米ドルとなっています。学術研究機関では、予算が限られているため、このような高額な装置を購入することはできません。さらに、メンテナンス費用やその他の間接的な費用がかかるため、機器の総所有コストはさらに高額です。このことが、小規模なエンドユーザーの間で、重大な抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]