充電ステーションの市場規模、2027年に3075万8千台に到達予測

充電ステーションの市場規模は、2020年の211万5千台からCAGR46.6%で成長し、2027年には3075万8千台に達すると予測されています。エネルギー効率の高い通勤手段への需要が高まっていることや、各国政府が優遇政策や補助金、税制優遇措置を通じて電気自動車や充電インフラを支援していることなどにより、この分野の需要が拡大しています。また、世界各国の政府は、化石燃料車を今後20年以内に排除する計画を発表しています。世界各国の政府による充電インフラ整備への投資や、購入者へのインセンティブの増加は、OEMメーカーにとって収益源と地域的プレゼンスを拡大する機会となります。アジア太平洋地域では、電気自動車の需要が高いことに加え、中国、日本、韓国などの政府が積極的な改革を行い、充電インフラの整備を進めていることから、最も急速な市場成長が期待されています。また、北米や欧州市場も、政府の取り組みや高速充電セグメントの需要拡大により市場は成長しています。しかし、急速充電のための初期投資にかかるコストの高さ、より優れたバッテリーの必要性、電気自動車の充電時間の長さ、充電の互換性が一様でないこと、送電網の容量、電気自動車の価格の高さなどの要因が、電気自動車および電気自動車用充電スタンド市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19の充電ステーション市場への影響

COVID-19が発生した当初は、エコシステム全体の混乱により、世界中で新車の生産と販売が停止しました。自動車メーカーは、生産再開のために、封鎖措置が解除されるまで待たなければならず、ビジネスに影響を及ぼしました。しかし、EV充電ステーションに関しては、多くの国がEVの普及を加速させることを計画しており、EV充電インフラへの投資を増やしているため、EV充電ステーションの数は前年よりも速いペースで増加しました。一方、自動車産業は資本集約度が高く、事業継続のためには頻繁な資金調達に依存しています。そのため、パンデミック時の生産停止や需要の低下は、電気自動車の販売にかつてない影響を与える可能性があります。

COVID-19のパンデミックにより、多くの国で2カ月以上の完全閉鎖措置がとられたため、電気自動車用充電スタンドの生産にも影響が出ています。世界中の製造拠点が閉鎖されたため、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、電気自動車用充電器の販売は大きな打撃を受けました。しかし、大多数の自動車メーカーとEV充電器プロバイダーは、必要な措置を講じてEV充電器の限定的な生産を再開しました。

牽引要因:低い充電コスト

充電ステーション市場を牽引する最も重要な要因の一つは、石油製品の価格上昇です。新興国の消費者は、すでにガソリン価格の上昇による影響を受けています。電気自動車は、車両の使用にかかる運用コストを削減することができます。メーカーは、バッテリーの寿命が長く、使用時間が長い電気自動車の開発を進めています。また、さらに、バッテリーコスト削減による電気自動車のコスト削減が、同市場の需要を増加させる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]