ポリヒドロキシアルカン酸の市場規模、2025年に1億2100万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ポリヒドロキシアルカン酸 (PHA) の世界市場 (~2025年):タイプ (短鎖長・中鎖長)・製造法 (糖発酵・植物油発酵・メタン発酵)・用途・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を3月30日より開始いたしました。

ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の市場規模は、2020年の6200万米ドルからCAGR 14.2%で成長し、2025年には1億2100万米ドルに達すると予測されています。同市場は主に、パッケージングやフードサービス、バイオメディカル、農業などの産業におけるポリヒドロキシアルカン酸の需要の高まりによって牽引されています。石油を原料とするプラスチックの毒性に対する消費者の意識や、環境に優しい持続可能なバイオプラスチックへの需要が、ポリヒドロキシアルカン酸市場を牽引しています。 ポリヒドロキシアルカン酸の主要市場はヨーロッパであり、北米とアジアが続いています。

COVID-19のポリヒドロキシアルカン酸市場に与える影響

バイオプラスチックの最大用途は、食品、飲料、医薬品などのパッケージ産業です。COVID-19の期間中はレストランビジネスが停止していたため、バイヤーは小売チャネルを中心としていました。小売店で販売されている食品は、ほとんどがプラスチックで包装されていることから、プラスチック需要は、食品、飲料、医薬品の各業界で増加しました。一方で、2020年の原油価格の下落によるバージンプラスチックの安価が短期的な市場の抑制要因となりました。

牽引要因:各国政府のグリーン調達政策への注目

各国政府が、持続可能で環境に優しいグリーン製品推進に関する政策を行っていることが、生分解性で持続可能なPHAベースのプラスチック市場を牽引する主な要因となっています。EUは、2019年1月11日に食品接触材料規則のリストを更新し、委員会規則を制定しました。これにより、包装・食品サービス用途でのPHAの使用が促進される事が期待されています。

抑制要因:従来のポリマーと比較して高額

市場成長の抑制要因として、従来のポリマーに比べてPHAのコストが比較的高いことがあります。一般的に、PHAのような生分解性プラスチックの製造コストは、従来のプラスチックに比べて20%から80%高いと言われています。これは主に、生分解性プラスチックの重合コストが高いことによるもので、ほとんどのプロセスがまだ開発段階にあるためです。これらのバイオベースの技術や材料は、まだ開発の初期段階にあり、石油化学製品と同じレベルで商業化されていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]