質量分析計の市場規模、2025年には56億米ドル到達予測

質量分析計の市場規模は、2020年の41億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2025年には56億米ドルに達すると予測されています。医薬品の研究開発費の増加、医薬品の安全性に関する政府規制、食品の品質に対する関心の高まり、原油やシェールガスの生産量の増加、汚染防止や環境検査に対する政府の取り組みなどにより、市場が拡大しています。

2020年の質量分析計市場では、多様な用途での採用が見込まれています。医療・医薬品、生物学研究、食品・飲料業界では、検査用途での質量分析計の採用率が高くなっています。医薬品業界では、新薬の開発や薬剤の再利用、医薬品製剤の生産量の増加に伴い、安全性や品質を管理する必要が高まっています。政府の厳しい規制や品質維持への要求が、医薬品業界における質量分析計の導入を促進しています。ただし、石油化学産業におけるCOVID-19によるサプライチェーンの混乱や、汚染モニタリングへの規制緩和は、質量分析計の導入を抑制する要因になると考えられます。

牽引要因:製薬およびバイオテクノロジー業界における研究開発投資の増加

製薬会社の研究開発費は、過去20年間で大幅に増加しています。製薬・バイオテクノロジー業界の研究活動は、バイオ医薬品や個別化医療などの主要分野への投資によって牽引されています。2018年のEU Industrial R&D Investment Scoreboardによると、世界の研究開発費総額の18.9%を製薬・バイオテクノロジーセクターが占めています。質量分析計は、創薬の初期段階から後期開発や臨床試験に至るまで、製薬業界において重要な役割を果たしています。このため、製薬・バイオテクノロジー業界における資金調達の増加が、質量分析計市場の成長を促進すると考えられます。

抑制要因:製品価格の高騰

質量分析計には高度な機能が搭載されているため、その価格は高額になります。システムのコストとは別に、システムを業界標準に適合させるためのコストも非常に高くなります。技術の進歩と運用効率の向上により、質量分析計の需要は年々増加しています。同時に、システムの価格は上昇しています。製薬会社では、このようなシステムを多数必要とするため、資本コストが大幅に増加してしまいます。一方、学術研究機関では、予算が限られているため、このようなシステムを購入することは困難です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]