可変周波数ドライブの市場規模、2025年に243億米ドル到達予測

可変周波数ドライブの市場規模は、2020年の192億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2025年には243億米ドルに達すると予測されています。これは、エネルギー効率向上のための規制強化、安全で確実な配電システムのためのインフラのアップグレードと近代化、工業化と都市化の進展などの要因によるものです。しかし、石油・ガス産業の成長が停滞し、探査・生産活動が減少していることが市場の成長を妨げています。

COVID-19の可変周波数ドライブ市場への影響

COVID-19パンデミックにより、電力業界の成長が鈍化しています。これは、感染拡大を防ぐため、全国的にロックダウンが行われていることを原因としています。これまで急速に成長していた再生可能エネルギー産業は、ここ数ヶ月、成長が鈍化しています。これは、経済の縮小により、エンドユーザー産業からの電力需要が減少していることによります。電力需要の減少に伴い、老朽化した送電網インフラの交換や新たな再生可能エネルギー設備への投資に悪影響が及ぶことが推測されます。さらに、COVID-19の蔓延は、可変周波数ドライブメーカーにも影響を及ぼします。供給不足による原材料の調達価格の上昇も予想され、最終的には受注の遅れにつながります。

牽引要因:幅広い産業分野での需要拡大

可変周波数ドライブは、産業、電力、インフラの各分野で用途が拡大しています。可変周波数ドライブを使用している主な産業には、セメント、化学、石油化学、鉱業、石油・ガス、パルプ・製紙、水・廃水などがあります。可変周波数ドライブの主な用途は、コンベア、ファン、ユーティリティーポンプ、プロセスポンプ、ファン、ブロワー、エアーコンプレッサー、プロセスコンプレッサー、クーラー、クーリングタワーファン、グラインダー、クラッシャー、チッパーなどです。ドイツ、ロシア、イギリス、フランス、イタリア、スペインでは、セメント・製造業に有利な市場機会を提供しています。また、ドイツとロシアは、パルプ・製紙業界向けの主要市場となる見込みです。このように、工業化の進展と電力需要の増加は、電力部門の成長を促進し、結果として可変周波数ドライブ市場の成長を推し進めることが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]