臨床試験管理システム (CTMS) の市場規模、2025年に15億9000万米ドル到達見込み

臨床試験管理システム(CTMS)の市場規模は、2020年の8億100万米ドルからCAGR14.7 %で成長し、2025年には15億9000万米ドルに達すると予測されています。臨床試験管理システム市場の成長は、産学連携の活発化、臨床試験数の増加、技術導入の高まり、政府による治験の支援などが要因となっています。しかし、予算の制約や、先進的な臨床試験管理システムソリューションに関する知識が限られていることが、市場の成長を抑制しています

COVID-19の臨床試験管理市場への影響

COVID-19の発生により、あらゆる医療現場は多大なプレッシャーにさらされています。このパンデミックの発生は、いくつかの国の製薬・バイオファーマ企業に深刻な財政的制約をもたらしました。臨床試験管理システムは、産業界や学術界の研究者がデジタル接続されたプラットフォームを使用して患者をモニターすることを可能にし、薬事申請のための臨床データの整理と評価を支援することが証明されています。また、COVID-19の流行により、医師と患者の間にソーシャルディスタンスの確保が必要になり、臨床研究データの収集・分析のための遠隔患者モニタリングやデジタルソリューションの需要を押し上げています。市場のプレーヤーは、既存のHER(電子健康記録)にCOVID-19に関連する機能を導入し、ユーザーに無料で提供しています。

牽引要因:臨床試験数の増加

ライフサイエンス業界では、慢性疾患の蔓延、ブロックバスター医薬品の有効期限切れ、臨床試験のための政府資金の利用、製薬業界の激しい競争などにより、臨床試験数が増加しています。近年、大手企業は、従来の製品よりも優れた性能を誇る多くの臨床試験管理システムソリューションを市場に投入しています。これらの製品は、費用対効果が高く、使いやすく、患者の安全と規制遵守に効果的で、ユーザーの財務管理能力を向上させます。そして、従来のソリューションのように複雑な設定や多額の設備投資をすることなく、フル機能の臨床試験管理システムを導入することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]