ワイヤレス充電の市場規模、2026年に134億米ドル到達予測 Qi非対応デバイスの互換性問題が抑制要因に

ワイヤレス充電の市場規模は 2021年の45億米ドルからCAGR24.6%で成長し、2026 年には134 億米ドルに達すると予測されています。これは、家電製品におけるワイヤレス技術の採用率の上昇、電気自動車の販売台数の増加、複数のデバイスを一度に充電できる技術などに起因しています。

COVID-19のワイヤレス充電市場への影響

2020年のワイヤレス充電市場は下降傾向にあることが確認されています。これは政府が、安全な環境を維持するための政策を製造業に課していることに起因しています。COVID-19パンデミックが鎮静化した後に、市場の成長率は上昇すると予想されています。現在、ワイヤレス充電の採用率が高いのは、家電業界と自動車業界です。

COVID-19以前には、政府は有利な政策でワイヤレス充電エコシステムの企業を支援していました。しかし、各国政府は現在、パンデミックを食い止めるための医療サービスに力を集約しています。これにより、政府のその他市場に対する支援が減少し、ワイヤレス充電市場も減少する可能性があります。2020年に、ワイヤレス充電メーカーはテクノロジープロバイダーと協力して製品の効率化を図りました。

抑制要因:ワイヤレス充電デバイスの互換性問題

ワイヤレス充電は、Qi(ワイヤレス充電の国際的な標準規格)対応の機器に利点があります。Qi非対応デバイスは充電パッドに対応していません。そのため、アクセサリプロバイダは、Qi非対応デバイスのための外部ワイヤレス充電ソリューションを提供しています。充電パッド、充電ボウル、充電ボックスなど、さまざまな製品に対応するワイヤレス充電器がそれぞれ必要となり、互換性の問題が浮上しています。ユーザーは、さまざまな製品に合わせて多数のワイヤレス充電器に投資することを余儀なくされています。マルチデバイス対応のワイヤレス充電器を提供しているメーカーもありますが、Qi 非対応デバイスの場合は一般的に互換性に問題があり、ワイヤレス充電器の採用が制限されることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]