音声合成の市場規模、2026年に50億米ドル到達予測

音声合成の市場規模は、2020年の20億米ドルからCAGR14.6%で成長し、2026年には50億米ドルに達すると予測されています。携帯端末の需要の高まり、障害者教育に対する政府支出の増加、高齢者人口の増加に伴うテクノロジーへの依存、学習障害や学習スタイルの異なる人々の増加などが、音声合成市場の成長を促進する要因となっています。

牽引要因:携帯端末の普及

モバイル機器は、音声通話デバイスから、インターネットの閲覧、写真の撮影、言語翻訳、ナビゲーションの案内、エンターテイメントやマルチメディアコンテンツの管理など、様々な機能を備えた、より高度なパーソナルコンピューティングデバイスへと変化してきました。自動化や利便性へのニーズにより、日常的なアプリケーションへの音声合成技術の導入が進んでいます。音声合成ソフトウェアは、モバイル機器、スマートフォン、ポータブル機器、デジタルアシスタントなどの携帯機器に導入されています。このようなスマートデバイスの進化により、音声合成技術の携帯機器への搭載が進むと予想されます。

障害のある生徒の教育に対する政府支出の増加

音声合成ソフトは、視覚障害や読字障害のある人が、パソコンや携帯端末で書かれた文字を聞くことを可能にします。音声合成システムがスクリーンリーダーと統合されると、視覚障害のあるユーザーが音声インターフェースを使ってコンピュータの操作を実行できるようになります。このシステムは、視覚障害者が情報通信技術(ICT)の恩恵を受けるための支援技術として機能します。

抑制要因:音声の韻律や発音を生成することの複雑さ

音声合成で、自然な音声を再現するには限界があります。合成された音声から正しい発音を生成するには、大量のルールが必要になります。言語によっては、韻律や発音に特徴があり、音声合成をより複雑にしています。明確な発音を再現する難しさは、音声合成技術の使用を制限するとことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]