医療機関ネットワーク管理市場、2025年に58億米ドル到達予測

医療機関ネットワーク管理市場は、2020年の29億米ドルからCAGR14.9%で成長し、2025年には58億米ドルに達すると予測されています。この成長は、米国連邦政府による厳格な制度の義務化、支払者からの報告義務の活用による医療の質の向上、高騰する医療費を抑制する必要性、社内の熟練した人材の不足などにより牽引されています。

COVID-19の医療機関のネットワーク管理市場への影響

患者が必要な治療を適切な価格で受けられるようにするために、支払者は危機中も重要な役割を果たします。多くの支払者組織が円滑な運営を困難に感じている一方で、医療機関ネットワーク管理のインフラを選択した企業は順調に機能しています。さらに、パンデミックは、消費者、企業、地域社会に不安をもたらし、経済的困難を増大させています。需給面での圧力が続いているため、市場がさらに混乱する可能性があります。組織や個人は、クレジットへのアクセスが制限されるなど、資金繰りのストレスを感じている可能性があります。医療機関ネットワーク管理の導入は、効率的な管理、正確な請求処理、コストの削減により、プロバイダの負担を軽減することができ、医療保険業者にとって不可欠です。これらのソリューションにより、保険会社は顧客のリスクをリアルタイムで処理することができます。

推進要因:米国における連邦政府の厳格な義務化

PPACA(Patient Protection and Affordable Care Act:患者保護と手頃な価格のケアに関する法律)のように、医療損失率(MLR)や管理損失率(ALR)などに基づく医療に関する制度の義務化により、支払者組織はプロバイダネットワークを効果的に管理して運営コストを削減し、同時に、給付内容を改善して顧客満足度を高めることが求められています。さらに、顧客の仕事量の増加や、運営・管理コスト削減の必要性から、支払者の医療機関ネットワーク管理への移行が促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]