果物・野菜種子の市場規模、2025年に144億米ドル到達予測 種子交換率の上昇が市場機会に

果物・野菜種子の市場規模は、2020年の98億米ドルからCAGR8.2%で成長し、2025年には144億米ドルに達すると予測されています。トロピカルフルーツや葉物野菜などの高価値作物や有機食品への需要が相まり、市場成長を牽引すると予想されます。

COVID-19の果物・野菜種子市場への影響

COVID-19パンデミックによる影響は、農業用資材や製品のサプライチェーンに様々な混乱をもたらしています。種子は農業生産の出発点であるため、COVID-19パンデミックのような危機の際に、種子の供給は、その後の生産サイクルを支えるためにも不可欠な要因です。しかし、航空便、運転手、スタッフの減少による国内または国際的な種子輸送に関連する問題は、市場に特有の問題を生み出しています。観葉植物部門は必要性の低いサービスとみなされ、ガーデンセンターの閉鎖やスーパーとの契約破棄により深刻な影響を受けています。アマチュア園芸家への種子の販売も停止しており、在庫を抱えた種子業者にマイナスの影響を与えています。

果物・野菜種子市場のダイナミクス

健康的で栄養価の高い食生活に向けた消費傾向に伴い、新鮮な果物や野菜の需要が高まっています。これは、果物や野菜の栽培に利用される土地面積の増加につながっています。有機食品・飲料の採用が増えていることも、農家が有機農業を採用することを後押ししており、有機種子の市場が拡大しています。世界中から新鮮な果物や野菜が大量に手に入るようになったことで、より高い収量が得られるようになり、遺伝子組み換え種子の開発に向けた研究開発投資が増加しています。

推進要因:種子交換率の上昇

種子は、フードチェーンの発展の基盤となり、アグリフードシステムの持続可能性において重要な役割を果たしています。世界中の農家は、限られた資源の中からより高い収穫量と利益を得るために、伝統的な農法から徐々に移行してきており、市販の種子は業界の主要なトレンドの一つとなっています。種子交換率とは、使用されている種子の総数に対して、生産のために調達された新しい種子の割合を意味します。従来は農場に保存された種子による生産のみが重視されていました。しかし、専門的な流通経路で調達された種子の利点や価値向上の可能性が次第に明らかになるにつれ、流通経路からの種子の需要が増加し、大きな市場機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]