金属化フレキシブル包装の市場規模、2025年に58億米ドル到達予測

金属化フレキシブル包装の市場規模は、2020年の45億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2025年には58億米ドルに達すると予測されています。市場の成長の要因としては、製品の長期保存への需要増加や、顧客が扱いやすい製品への要望などが挙げられます。さらに、金属化フレキシブル包装の持続可能な特徴が、市場を推進すると予想されます。一方で、変動する原材料費が抑制要因となっています。

Covid-19の金属化フレキシブル包装市場への影響

金属化フレキシブル包装市場は、包装業界の生産量が大幅に減少していることから、2020年から2021年にかけて成長率が緩やかに下落すると考えられます。しかし、COVID-19の期間中は、食品、飲料、医薬品用途の製品包装用に金属化フレキシブルパッケージ需要の増加が見受けられます。

ロックダウンへの不安から、人々はパニックバイイングや大量在庫に頼るようになりました。日用品や生鮮食品をオンラインで注文する人が増えており、それに伴い軟質プラスチックパッケージの需要も増加しています。FMCG企業は、それに応えて、より多くの軟質プラスチックパッケージ製品を採用しています。COVID-19への対応から、製薬業界では、病院や医薬品での軟質パッケージの需要は引き続き堅調に推移すると予想されます。生活必需品、ヘルスケア、医療用品の需要が極端に減少することはないと考えられます。これらの製品のオンラインでの流通は増加すると予想されます。

牽引要因:製品の長期保存に対する需要

消費者の多忙なライフスタイルと、便利な食品包装への要求が、金属化フレキシブルパッケージの需要を促進しています。金属化フレキシブルパッケージは、製品の寿命を延ばし、保存料の使用を減らすのに役立ちます。食品・飲料業界では、従来の包装形態から、軽量で扱いやすい包装への移行が進んでいます。金属化フレキシブルパッケージは、硬質包装に比べて軽量であり、包装の重量を増加させるガラスや缶を使用しないため、この需要に応えることができます。水分の増減は、食品や医薬品の食感や品質に影響を与えます。また、脂肪分を含む製品の劣化を悪化させる可能性もあります。コーヒーのような風味の強い食品は香りが失われやすく、味の薄い食品は匂いを吸収しやすくなります。香りが失われないように、また臭いがつかないようにするために、酸素、水分、蒸気、香りを防ぐことができる金属蒸着フィルムが使用されています。食品包装に金属蒸着フィルムを使用することで、食品の保存期間を延ばすことができ、食品の無駄を省くことに役立ちます。

抑制要因:原材料コストの変動

金属化フレキシブル包装材の製造コストは、そのほとんどが原材料に起因しています。金属化フレキシブルパッケージに使用されるポリマーは、石油を原料としています。原油の変動傾向とポリマーの多用途な需要を考えると、投入コストの変動が予測されます。原材料価格の変動は、メーカーの収益性に影響を与え、市場の成長を抑制します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]