eヘルスの市場規模、2025年に1938億米ドル達成予測

eヘルスの市場規模は、2020年の695億米ドルからCAGR22.8%で成長し、2025年には1938億米ドルに達すると予測されています。患者を中心とした医療への移行と製品やサービスのデジタル化の進展により、遠隔による医療記録や遠隔共有が可能になっています。さらに、mHealthアプリや遠隔医療サービスなどのソリューションは、自宅で様々な健康パラメータをモニターするのに役立ち、病院に行く必要がなくなります。このように、患者中心のソリューションには様々な利点があり、遠隔モニタリング、相談、診断、治療、予防などに利用されるケースが増加することが予想されます。

COVID-19 のIVD(体外診断)市場への影響

IVD市場には、Cerner Corporation、GE Healthcare、Allscriptsなどの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、北米、南米、欧州の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19はこのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:ヘルスケア業界における規制の変化

長年にわたり、ヘルスケアITの分野ではいくつかの進歩がありました。その結果、様々なeHealthソリューションやサービスが、従来の方法に代わるものとして成果をあげ、収益性の高いものへと変化しています。ヘルスケアITシステムは、厳しい規制要件を満たし、コンプライアンスリスクに対処するためのいくつかの利点と機能を提供します。ヘルスケア業界における規制要件の変化は、eHealth市場のパラダイムシフトをもたらしています。eHealthツールは、コストを削減しながら高い目標を達成するための効果的な方法であるため、今後数年間で様々なステークホルダーの間で需要が増加することが予想されます。

市場機会:外来医療機関におけるeHealthソリューションの利用拡大

医療費削減への圧力が高まる中、医療機関の大半は専門的な外来サービスの導入に注力しています。外来診療モデルへの移行は、利便性の高いケアを提供するeHealthソリューションの採用を促進しています。これらのソリューションは、予約へのアクセスを容易にし、ケア提供者間の統合により、全体的な対応を可能にします。さらに、医師が患者のニーズ(アクセス)に対応するのに役立ち、患者の健康状態を遠隔で監視することができます。eHealthソリューションのメリットを受けて、様々な連邦政府機関も外来診療の場でのeHealthソリューションの展開を支援しています。さらに、ウェブベースの管理による継続的なケアが可能になったことで、多くの患者が外来診療を利用するようになります。このように、外来診療施設での患者数の増加と相まって、外来診療施設におけるeHealthソリューションおよびサービスの利用が拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]