LEDパッケージの市場規模、2026年に221億米ドル到達推測

LEDパッケージの市場規模は、2021年の176億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2026年には221億米ドルに達すると推測されています。同市場の成長は、ディスプレイパネル市場におけるLEDパッケージの需要急増、エネルギー効率や環境への配慮からLEDの使用を促進する政府のイニシアチブや規制、IoT対応の照明器具やスマートライティングソリューションの需要増加などが要因となっています。さらに、COVID-19に対応した殺菌システムの需要増加により、効率的なUV LEDパッケージの需要が増加しています。

COVID-19のLEDパッケージ市場への影響

LEDパッケージ市場のTier1・Tier2などのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、およびその他の国に製造施設を持っています。これらの企業が提供するLEDパッケージは、家電、自動車、工業、不動産などの最終用途産業で使用されています。Covid-19は、LEDパッケージ市場のプレーヤーの経営に影響を与えただけでなく、これらの業界のビジネスにも影響を与えました。また、自動車業界や家電業界におけるディスプレイパネルの需要の減少も予想されます。消費者はハイエンドのスマートフォンや有機ELテレビなどの高価な製品への支出を控えており、基本的な機能を備えた製品が優先されています。これらの要因は、LEDパッケージ市場にマイナスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:COVID-19に対応した殺菌システム、UV LEDパッケージの需要

UV LEDは、UV硬化、生物医学研究、および消毒アプリケーションに使用されます。COVID-19パンデミックの状況下で、ウイルスや細菌を99.9%除去できるUV-C LEDの需要が急増しています。UV-C光には殺菌作用があり、細菌やウイルスの核酸を破壊したり、DNAを破壊したりすることが可能です。現在、UV-C方式のLEDは、空気や水、物体の表面の殺菌システムに使用されており、長寿命で、高い信頼性があります。従来の水銀ランプを光源とするUV殺菌システムから、現在のLED利用にシフトする傾向にあります。UV-C LEDの需要の増加は、LEDパッケージの需要を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]