大麻検査の市場規模、2025年に18億600万米ドル到達予測

大麻検査の市場規模は、2020年の9億6200万米ドルからCAGR13.4%で成長し、2025年には18億600万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、医療用大麻の合法化と米国を中心とした大麻検査機関の増加、大麻検査機関におけるLIMSの導入拡大、認知度の向上などの要因によります。規則や規制の統一性の欠如、高コスト、不十分な人員などが、市場成長を妨げる主な要因です。

Covid-19が大麻検査市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、医薬品・ライフサイエンス業界にプラスとマイナスの影響を与えました。機器、消耗品、試薬などの需要の低下や、サプライチェーンの混乱、貿易制限などにより、特定の市場分野がマイナスの影響を受けています。ラボは、通常の業務を行わず、主にCOVID-19の検査に取り組む事になりました。パンデミックの影響と世界的な研究活動の停滞は、市場の多くのプレイヤーの事業や財務状況にも悪影響を及ぼしました。学術・研究機関や検査機関の閉鎖により、検査機関で行われる大麻検査の数が減少しています。大麻市場は、店舗の閉鎖、検査機関の閉鎖、サプライチェーンの途絶、全般的な景気の低迷、移動の制限などの要因により、一部の収益を失いました。さらに、大麻検査業界に製品やソフトウェアを提供している様々な市場関係者も、機器や消耗品の販売が減少しました。これらの要因により、大麻検査業界で使用される消耗品・機器の売上が減少し、市場の成長を妨げています。

市場機会:LATAMとMEAの新興市場

大麻検査市場は、LATAM(ラテンアメリカ)とMEA(中東・アフリカ)の新興国で高い成長が見込まれています。これは主に、他の地域に比べて医療用大麻の合法化を政府が強く支持していることに起因しています。様々な投資家、著名な企業、政府機関が、大麻検査機関の基準を策定し、業務や活動を強化するための投資を行っています。さらに、政府の好意的な支援を受けて、新しいプレイヤーが大麻検査市場に投資しています。新興市場におけるプロバイダーやサプライヤーの不足は、今後数年間の大麻検査業界の有利な成長機会を生み出します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]