非加熱殺菌の市場規模、2026年に39億米ドル到達予測 PEF・HPPなど技術が市場を牽引

非加熱殺菌の市場規模は、2020年の13億米ドルからCAGR19.8%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予測されています。冷凍食品や調理済み食品などのコンビニエンス食品分野では、処理時間を短縮し生産能力を高めるため、非加熱殺菌の需要を高めています。一方で、高額な設備投資が市場の成長を妨げています。

技術部門別では、PEFセグメントが最速で成長

技術別では、PEF(Pulse electric field)セグメントは今後5年間で最も高いCAGRで成長すると推定されています。この技術は、食品の鮮度を維持するだけでなく、保存期間の延長にも役立ちます。また、製品に保存料や添加物が含まれていないため、天然で新鮮な加工食品を求める消費者の需要にも対応しています。PEFはHPP(High‐pressure processing)に比べて新しい技術ですが、ポテト加工業界では世界的に採用されています。市場は将来的に高い確率で急成長すると予測されています。

用途別では、飲料セグメントが高いCAGRで成長

果菜類ジュース、ワイン、シュガーシロップ、ビール、牛乳、ココナッツウォーターなどの加工飲料における採用が増加しています。PEFやHPPのような非加熱プロセスは、飲料の保存期間を効果的に延ばし、微生物の発生を防ぐことができるため、飲料業界ではますます好まれるようになりました。さらに、色、風味、栄養素も効率的に保存することができ、常温保存も可能となります。

食品形態別では、固形セグメントが高い市場シェア

チーズ、ゼリー、ジャム、加工食品、肉製品などの食品で非加熱殺菌技術が使用されています。食品を長期間保存し、生理活性成分や糖分の抽出を強化するために、HPPやPEFなどの技術が使用されています。

地域別では、北米市場が高いCAGRで成長

北米の市場成長は、非加熱殺菌の重要性に対する食品メーカー間の意識の高まりによるものです。また、各国の急速な経済成長に伴い、中国、インド、日本、オーストラリアなどを中心に食肉の需要が上昇しています。食肉製品の需要増加は、地域の食肉生産を駆動しており、非加熱殺菌市場の成長に貢献してきました。消費者の多忙なライフスタイルの変化と健康意識の高まりも市場の成長を牽引している要因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]