乳製品代替品の市場規模、2026年に406億米ドル到達予測

乳製品代替品の市場規模は、2020年の226億米ドルからCAGR10.3%で成長し、2026年には406億米ドルに達すると予測されています。市場は、乳糖アレルギーの増加、消費者のライフスタイルの変化や健康意識の高まりなどにより、成長を続けています。消費者の菜食を中心とした食生活の傾向が市場の成長を後押ししています。アジア太平洋地域は、植物を原料とした農業生産基盤があるため、市場を支配すると考えられます。

牽引要因:乳糖不耐症と牛乳アレルギーの増加

乳糖不耐症や牛乳アレルギーの増加が、乳製品代替品市場の成長を加速させています。乳糖は、牛乳をはじめ、アイスクリーム、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に含まれる主要な炭水化物です。乳糖不耐症の症状としては、腹痛、下痢、吐き気、腸の膨らみ、鼓腸、便秘などがあります。このようなアレルギーの増加に伴い、健康な食生活への意識が高まり、乳製品代替品の消費が促進されています。これらの消費者の間では、牛乳、アイスクリーム、クリーマー、チーズなど、さまざまな乳製品に対する代替品として、植物由来の非乳製品などの需要が高まっています。

阻害要因:植物性原料を使用した代替品に対するアレルギー

乳製品代替品市場の成長を阻害する主な要因に、使用される植物性原料に対するアレルギーがあります。大豆には豊富な栄養成分が含まれていますが、大豆に含まれる抗栄養成分がアレルギーの原因となることがあります。大豆アレルギーは、人間の免疫システムが、大豆に含まれる無害なタンパク質を有害なものと勘違いし、それに対抗するために抗体を生成することで起こります。同様に、アーモンドなどの木の実もアレルギーの原因となる食材のひとつです。そのため、アーモンドミルクなどのアーモンドを使った製品や、アーモンドを原料とした乳製品を避けなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]