水耕栽培システムの市場規模、2026年に179億米ドル到達予測

水耕栽培システムの市場規模は、2020年の95億米ドルからCAGR11.3%で成長し、2026年には179億米ドルに達すると予測されています。穀物や食料の需要増に対応するために、精密農業や都市農業など、高収量の農業技術が求められています。水耕栽培は、今後数年間で食料安全保障への懸念に対する潜在的な解決策として注目されています。

COVID-19の水耕栽培市場に与える影響

Covid-19パンデミックが広がる中、多くの人が家庭以外での食事に対して疑問を持つようになりました。健康と食の安全が重要視されるようになり、世界中の人々が家庭料理や手作りの食事を好むようになっています。これにより、食品やホテル業界は危機に瀕しています。壊滅的なパンデミック後、世界の都市部で水耕栽培システムの導入が進むと予想されています。農業界は、パンデミックの初期段階で課題に直面しました。農場での労働力が大幅に不足し、一部の農家では季節作物の収穫の機会を逃し、農産物の価格下落や物流の混乱が発生しました。また、多くの国で、食料品を輸入に頼りすぎていることに気づき、国内での生産を重視するようになりました。

牽引要因:従来の農業と比較して高収量な水耕栽培

国連の世界人口に関する報告書によると、水耕栽培システムで育てられた植物は、従来の農業システムに比べて20%から25%高い収穫量を達成しており、その生産性は2倍から5倍にもなります。また、環境条件がコントロールされているため、気候変動の影響を受けても、これらのシステムを利用することでバランスをとることができ、年間の作物生産量に影響が及びません。CEH技術は、作物の収穫サイクルに直接影響を与えます。このシステムでは、気候変動の影響が最小限に抑えられるため、一年中作物を生産することができ、生産量を増やすことができます。

抑制要因:大規模農場での高額な設備投資

水耕栽培の主なコスト要因は、空調システム、ファン、換気装置、灌漑システム、制御システム、レール、照明など、さまざまな種類の機器です。平均すると、500平方フィートの水耕栽培農場では、完全に自動化されていない基本レベルのシステムでも、11万米ドルもの費用がかかります。このように、システムの初期設定に莫大な費用がかかることが、農家が水耕栽培システムへの投資を控える大きな要因となっています。しかし、これらのシステムから得られる収穫量は高く、生産物はプレミアム製品として販売することができるため、生産者のROIは高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]