eDiscoveryの市場規模2025年に129億米ドル到達予測

eDiscoveryの市場規模は、2020年の93億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2025年には129億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、データ分析を用いたプロアクティブなガバナンスへの注力と新しいコンテンツソースの出現、世界的な訴訟件数の増加、ESI(電子データ)とソーシャルメディアの普及率の増加、規制政策の構造の違いなどです。しかし、COVID-19の流行に伴い、サイバー攻撃やデータ盗難の可能性が高まっていることや、熟練した専門家の不足が市場の成長を制限すると予想されます。

COVID-19のeDiscovery市場への影響

2020年初頭に始まったCOVID-19パンデミックにより、ビジネスや経済の状況が変化しています。それ以降、eDiscoveryの専門家はビジネスの見直しを検討し、ESIの収集、処理、レビューをサポートするための意思決定を行っています。eDiscoveryエコシステムのビジネス、法律、ITの専門家の間で最も議論されているのは、パンデミックの際に収集というeDiscoveryの中核タスクをどのように計画し、実行するかということです。ITインフラと熟練した労働力が遠隔地での収集の大きな課題となっています。さらに、英国では2020年11月にCOVID-19の変異株が発見され、作業規範の変更を余儀なくされています。WHOによると、この変異株は欧州8カ国で検出されています。その結果、世界各国が欧州や中東諸国との渡航を禁止しています。COVID-19の影響は短期的なものと考えられていますが、最低でも8ヶ月から12ヶ月の間はビジネスに大きな影響を与えると予測されます。在宅勤務やソーシャルディスタンスの確保などの新しい慣習の導入に伴い、仮想プライベートネットワーク接続により、クラウドベースのeDiscoveryソリューションの必要性と採用が進んでいます。

牽引要因:プロアクティブガバナンスの重視と新しいコンテンツソースの台頭

デジタル技術の導入は、あらゆる分野で増加しています。すべてのドメインの企業は、過去10年間で急激に余剰となったデータの指数関数的な増加に振り回されています。世界の既存データのほぼ90%はここ数年の間に作成されたもので、2020年末にはデータが約44ゼタバイトにまで増加すると推定されています。さらに、スマートフォンは世界の電子商取引のほぼ40%を占めており、膨大な量のコンテンツを生み出しています。ソーシャルネットワーク現象によるインターネット利用の増加は、作成・配信されるコンテンツの範囲と規模を再定義しました。企業がビジネスの競争力を高めるために、これらの商業的および私的なデータを管理する必要性が高まっています。

eDiscoveryソリューションおよびサービスは、非構造化データをキャプチャ、保存、管理し、構造化されたフォーマットに変換して、エラーやデータの損失なく数秒で提供します。より効率的に作業を行うために、eDiscoveryソリューションは、インテリジェントな情報プラットフォームなどの新しいコンポーネントを加えて進化し、新しいデータをキャプチャして管理しています。ビジネスの生産性や作業効率の向上、スタッフのエンゲージメントの向上、データ管理の改善、データ管理にかかる全体的なコストの最小化など、企業がeDiscoveryソリューションを導入するには様々な要因があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]