炭酸ジメチルの市場規模、2025年に10億7800万米ドル到達予測

炭酸ジメチルの市場規模は、2020年の7億9700万米ドルからCAGR6.2%で成長し、2025年には10億7800万米ドルに達すると予測されています。ポリカーボネートやリチウムイオン電池の需要増加が、炭酸ジメチル市場を牽引すると予想されています。

COVID-19の炭酸ジメチル市場への影響

炭酸ジメチル市場には、宇部興産株式会社、Merck KGaA、興和株式会社などの主要なTier1およびTier2サプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:様々な産業分野におけるポリカーボネートの需要拡大

透明性、強度、熱安定性、耐薬品性、耐熱性、寸法安定性などの特性を持つポリカーボネート(PC)は、電気・電子、自動車、建築・建設、消費者製品、医療などの業界で最も広く使用されているエンジニアリング熱可塑性プラスチックの一つです。2016年のポリカーボネート樹脂の世界生産能力は年間5100キロトンでした(出典:Plastics Insights)。様々な業界からの需要が増加しているため、ポリカーボネートの生産能力は世界的に増加すると予想されます。

アジア太平洋地域では、中国が最大の樹脂生産国となっています。ポリカーボネート素材は、主に建築や自動車の分野で使用されています。電子機器や自動車に対する所得や支出の増加が、この分野で使用されるプラスチックポリマーの生産を加速させています。また、ドイツ、日本、タイ、南アフリカなどの国は、技術の向上、政府の支援、包装・電子・医療業界からの需要により、プラスチックポリマーの生産で世界的に貢献しています。

抑制要因:炭酸ジメチルの合成に使用される毒性の強い原料

炭酸ジメチルは様々な用途に使われる工業用化学品です。主にポリカーボネートを生成するために製造・重合されます。ポリカーボネートは、光学的透明性、耐衝撃性、高い誘電率などで知られるプラスチックの一種です。例えば、DVDやブルーレイディスク、安全ゴーグル、メガネレンズ、防弾窓、電気絶縁体、航空機、自動車の各種部品、ミサイル部品など、多様な用途に使用されています。DMCはグリーンソルベントですが、従来の製造方法では、ホスゲンや一酸化炭素などの有毒ガスを使用し、塩化ナトリウムなどの有害な副産物も発生します。多くのメーカーが、メタノールのホスゲン化プロセスを炭酸ジメチルの合成に使用しています。これが、炭酸ジメチル市場の成長を抑制する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]