職場安全の市場規模、2025年に199億米ドル到達予測

職場安全の市場規模は、2020年の121億米ドルからCAGR10.4%で成長し、2025年には199億米ドルに達すると予測されています。職場安全市場を促進する主な要因としては、産業界が健康と福祉に対するより包括的なアプローチに大きくシフトしていることや、より厳格な安全規制の必要性が高まっていることなどが挙げられます。さらに、ビッグデータの統合、リスク管理用予測ツールとしての安全データの利用、スマートPPE、インテリジェントウェア、自律走行車、スマートセーフティなどの新しいトレンドの導入などが、職場安全のベンダーに有利な市場機会を提供します。

COVID 19の職場安全市場に対する影響

COVID-19のワクチンが開発、供給されるようになり、産業界は徐々に正常な状態に戻りつつあります。パンデミックの影響を少しでも排除するために、ソーシャルディスタンスの確保や、除菌などのパーソナルケアが継続的に義務づけられているため、職場の安全性が高まると予想されています。2人のワーカーが社会的距離の基準を超えて接近した場合、スマートウェアラブルは双方に対しアラームを鳴らし、お互いに離れるように通知します。雇用者は、これらのルールを取り入れるだけではなく、適用を義務付けることが必要になります。また、COVID-19の発生は、このような不確実で前例のない事例への備えについて、多くのことを教えてくれました。世界中の関係当局は、このようなパンデミックが発生した場合に役立つ規制を導入または更新し、感染の拡大を抑制し、職場の安全を維持することが期待されています。

推進要因:産業界の健康と福祉に対するアプローチへのシフト

あらゆる業界の企業にとって、職場の安全性は優先事項となっています。また、いくつかの企業は、怪我の予防と治療に対する積極的なアプローチが、従業員の幸福に対する組織のコミットメントを反映しているという事実を認識しています。National Safety Council(米国安全評議会)によると、7秒に1人の割合で労働者が仕事中に負傷しています。米国国立産業保健研究所(NIOSH)がTotal Worker Healthという概念を導入して以来、業界では身体的な健康だけでなく、より包括的な健康へのアプローチへと大きな変化が見られるようになりました。この多面的なアプローチには、健康の社会的、感情的、経済的、環境的側面が含まれます。このプログラムの実施後、職場の安全プログラムの焦点は、安全でない状態を検出することから、教育、トレーニング、そして誰かが怪我をする前に問題を特定することに重点を置いた、予防ベースのプログラムへと変わりました。雇用者は、この規格の導入を増やす傾向があり、近い将来、職場安全市場を牽引するものと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]