ダンボール製バルクビンの市場規模、2025年に154億米ドル到達予測

ダンボール製バルクビンの市場規模は、2020年の116億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2025年には154億米ドルに達すると予測されています。ダンボール製バルクビン市場は、食品・飲料や医薬品などのエンドユース産業での需要増加により、今後大きな成長が見込まれています。近代的な小売業の成長、消費者の高所得、新興国を中心とした産業活動の加速などが、段ボール製バルクビン市場の成長を支えています。

COVID-19が段ボール製バルクビン市場に与える影響

2020年から2021年の段ボール製バルクビン市場の成長率は、化学品、高級品、電子機器、自動車などのバルクパッケージの需要が大幅に減少するため、緩やかに下降すると予想されます。しかし、COVID-19パンデミックの期間は、食品・飲料や医薬品向けの段ボール製バルクビンソリューションの需要が増加すると予測されます。

ロックダウンへの不安から、人々はパニックバイイングや大量在庫に頼っています。日用品や生鮮食料品をオンラインで注文する人が増えており、それに伴ってバルクパッケージングソリューションの需要も増加しています。インドをはじめとする各国政府は、途切れることのない供給を維持するために、食品業界の関係者に生産を増強するよう要請しています。FMCG企業はそれに応えて、段ボール製のバルクビン製品をより多く必要としています。製薬業界では、病院や医薬品、PPEメーカーがパンデミックへ対応するため、段ボール箱の需要は引き続き堅調に推移すると予想されます。生活必需品、ヘルスケア、医療用品の需要は劇的に減少することはなく、これらの商品のオンラインデリバリーによる小売流通は増加することが予想されます。原材料や製品をそれぞれのエンドユーザーにタイムリーに提供するための段ボール箱の需要が高まります。

牽引要因:ダンボール製バルクビンのリサイクル性

段ボールは木材パルプで作られているため、リサイクルが可能です。リサイクルは、固形廃棄物の処理を減らすのに役立ちます。また、エネルギーや水の消費量、材料を作るために必要とする資源を削減するという波及効果もあります。段ボール箱をリサイクルすることで、梱包材から発生する大量の廃棄物を削減し、埋め立て地を大幅に減らすことができます。また、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出量の削減にもつながります。これらの要因がまとめて段ボール箱の市場を牽引しています。

抑制要因:低コストの代替品の存在

ダンボール箱に対抗する代替品はいくつかあります。その一つがプラスチック製箱で、段ボール箱よりも耐久性に優れ、見た目も良く、経済的です。これは、再利用可能で、耐水性があり、保存期間が長く、雨や湿気、雪にも耐えることができます。さらに、プラスチック製箱の製造コストは、段ボール箱に比べて安価であるため、包装業界で広く受け入れられています。このように、費用対効果の高い代替品があることが、段ボール製バルクビン市場の抑制要因となる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]