ハードウェア暗号化の市場規模、2025年に3億1300万米ドル到達見込み

ハードウェア暗号化の市場規模は、2020年の2億6200万米ドルからCAGR3.6%で成長し、2025年には3億1300万米ドルに達すると予測されています。この需要の主な理由は、スマートフォンやオンライン、デジタルコンテンツの需要が増加し、ハードウェア暗号化製品やソリューションの市場を惹きつけていることにあります。

製品別では、ソリッドステートドライブ部門が最高のCAGRで成長

技術の発展に伴い、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)に使用される自己暗号化ドライブ(SED)が開発されたことは、SSD関連製品の成長要因の一つとなっています。さらに、製品の使いやすさと親しみやすさが、さまざまな業界の顧客にSSDの採用を促しています。

用途別では、家電分野が最大シェアを占める

スマートフォン、ノートパソコンおよびコンピュータが、ハードウェア対応機器と組み合わされて製造されているため、ハードウェア暗号化市場の成長を後押ししています。また、多くの電子機器は、機密データを保存するために暗号化の実装が義務付けられており、家庭用電化製品用途の成長につながっています。

国別では、インドが最高のCAGRで成長

インドは、航空機の保守・修理・運用が進んでおり、IT・通信インフラが整備されているほか、ヘルスケアの新興ハブでもあることから、予測期間中のCAGR成長率が最も高い国と考えられます。

主要プレーヤー

ハードウェア暗号化市場の主要プレーヤーは、Western Digital(米国)、Samsung(韓国)、Micron(米国)などです。Western Digitalは、ハードウェア暗号化市場において、革新的で先進的なハードウェア暗号化ソリューションや製品を提供している有名プレーヤーです。サムスンがハードウェア暗号化市場で主導的な地位を占めているのは、強力なブランド名と顧客基盤が重要な要因となっています。さらに、同社は強力な研究開発能力と地理的な存在感を備え、製品の発売や開発に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]