GNSSシミュレータの市場規模、2025年に1億6500万米ドル到達予測

GNSSシミュレータの市場規模は、2020年の1億600万米ドルからCAGR9.3%で成長し、2025年には1億6500万米ドルに達すると予測されています。コンシューマー向けIoTの急速な普及、ユビキタス接続を可能にする5Gの貢献、位置情報を活用したウェアラブルデバイスの利用拡大などのさまざまな要因が、GNSSシミュレータのハードウェア、ソフトウェア、サービスの採用を促進すると予想されます。

COVID-19がGNSSシミュレータ市場に与えた影響

COVID-19パンデミックの影響は世界中に及び、多くの国でロックダウンが実施されました。スロバキアのSygic社をはじめとするテクノロジー企業の有志は、COVID-19の拡散を遅らせることを目指して、モバイルアプリケーションを開発しました。この技術は、GNSSとBluetoothのセンサーを利用して、ユーザーが過去14日間に感染者と接触したかどうかの判定を可能にしました。2020年9月に発表されたScience Daily社の研究によると、パンデミックの際には、地上局の近くに駐車している車がなかったため、GNSS反射率測定の精度が高まった可能性があると言っています。研究者らは、駐車している車がGNSS信号を拡散させ、アンテナに到達するまでに割れた鏡のように反射を繰り返すことで、標高データの品質を大幅に低下させると報告しています。

2019年は、多くの通信サービス事業者(CSP)が、5Gネットワークのトライアルとロールアウトを開始しました。各国は、周波数オークションやインフラ契約などの取り組みを通じて、ロールアウトの準備を進めていました。しかし、COVID-19パンデミックの発生により、5Gの展開と準備の両方に大きな影響が出ています。各国で周波数オークションの遅れが見られるようになりました。5Gネットワークに導入されている技術は、時間分解能を向上させるための広い帯域を含んでおり、これにより5Gネットワークは正確な測位に便利な環境となっています。したがって、GNSSにおいても重要な役割を果たすことが予測されます。5G・GNSSは、位置情報サービス(LBS)やIoT領域の多くのアプリケーションにおいて、将来的に位置情報エンジンの中核となるため、COVID-19パンデミックは間接的にGNSS市場に影響を与えていると言うことができます。

牽引要因:コンシューマーIoTの急速な普及

コンシューマーIoTとは、家電製品やデバイスが相互に接続された環境を指します。これは、GNSSシミュレータを採用するための重要な技術的促進要因となります。自動運転車、ドローン、スマートセンサー、コネクテッドホーム、ウェアラブルデバイスなど、スマートでコネクテッドな消費者向けデバイスの使用が急速に増加しており、これらのデバイスにはリアルタイムのデータ通信を可能にするGNSSチップが搭載されており、GNSSシミュレータを使ってテストされます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]