鉄道管理システムの市場規模、2025年に619億米ドル到達予測

鉄道管理システムの市場規模は、2020年の408億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2025年には619億米ドルに達すると予測されています。人口の増加と急速な都市化、政府の取り組みや官民連携の増加、IoTなどの自動化技術の導入、鉄道インフラの老朽化による混雑などが、鉄道管理システム市場の成長を促進する主な要因として期待されています。

COVID-19による鉄道管理システム市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年の鉄道事業に大きな影響を与えました。多くの国で鉄道サービスの四分の一ほどが停止し、限られた列車を運行しながら鉄道事業を再開した国もありました。甚大な損失を被った国がある一方で、閉鎖期間中に鉄道インフラを全面的に刷新し、新しい線路や貨物通路の建設に取り組んだ国もあります。COVID-19の影響は、2020年の市場に深刻な影響を与えましたが、2021年は市場の回復が期待されています。稼動していない鉄道車両には適切なメンテナンスが必要となるため、遠隔地からのモニタリングや予知保全技術が必要となります。

牽引要因:鉄道インフラの老朽化による混雑の増加

老朽化した鉄道システムは、既存の鉄道市場では資源の効率性を制限し、信頼性を低下させます。新しい市場では、より柔軟な技術インフラが採用され、これまでの慣行を一新させています。現在のITシステムには古くて複雑なものもあり、データの共有が難しくなっています。また、今後数年間に予測される成長に対応する事も出来なくなってきます。頻繁に発生するネットワーク障害やシステム停止は、顧客満足度に大きな影響を与えます。

鉄道サービスに対する需要の高まりは、既存のシステムに負担をかけ、現在のインフラのまま処理能力を向上させるために、旅客および貨物のスケジュールを最適化する必要があります。鉄道貨物会社は、特にエネルギーやコモディティ分野での貿易の成長を経験しています。港湾では深刻なボトルネックが発生しており、接続されている鉄道会社にも問題が生じています。鉄道会社は、キャパシティの問題に対応するため、資産利用率を高め、インフラに多額の投資を行っています。また、適切な資産管理、自動化、交通管制技術にも多額の投資を行っています。

抑制要因:導入時の高い初期費用

鉄道管理ソリューションの導入には、高い初期費用がかかります。鉄道管理システムプロジェクトの資金調達に関わる費用は、市場の成長を抑制する大きな要因となる可能性があります。莫大な資本支出(CAPEX)に加え、初期の設置費用がかかることが、地域を問わず鉄道管理システム技術を採用する上でのハードルとなっているのは確かです。既存の鉄道予算が限られていることが、政府や民間企業による先進的な鉄道技術やソリューションの導入を阻害する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]