電子棚札の市場規模、2026年に20億9200万米ドル達成予測 迅速な価格調整に対応

電子棚札の市場規模は、2021年の8億2600万米ドルからCAGR 20.4%で成長し、2026年には20億9200万米ドルに達すると予測されています。店舗のデジタル化と小売りにおける自動化の普及、紙ラベルの手軽な代替品としての費用対効果の高さ、小売店間の価格最適化による需要、製品のリアルタイムの位置と業務効率に対する要求などが、電子棚札市場の成長の要因となっています。

COVID-19の電子棚札市場への影響

SES-imagotag(フランス)、Pricer(スウェーデン)、Displaydata(英国)を含む電子棚札の主要メーカーは、2020年の第1四半期と第2四半期にCOVID-19の発生と拡散により大きな影響を受けました。例えば、Pricerの2020年から21年度第1四半期の収益は13%に近い落ち込みを記録しました。同様に、SES-imagotagの収益も同期間に2%から3%のマイナスの影響を受けました。パンデミックは、2020年から2021会計年度の最初の第1、第2四半期の間、小規模の電子棚札メーカーに深刻な影響を与えました。しかし、世界各国の政府がロックダウン規制を解除し、小売業も含めてほとんどの地域で経済活動が再開されたことから、2020年末から市場は緩やかに回復すると予想されています。

2020年末までには、液晶ディスプレイ、セグメント化電子ペーパー、フルグラフィック電子ペーパーなどの電子棚札の需要が回復し、2021年前半から徐々に回復し、2021年後半には平年並みになると予想されます。

牽引要因:店舗のデジタル化と小売自動化のトレンドの浸透

小売業界における自動化の採用は、競争の激化、商品供給のための新しいチャネルの導入、電子商取引市場への投資の増加、賃金の上昇などを理由に、かなりの割合で増加しています。電子棚札、セルフチェックアウト端末、セルフチェックロボット、自動化されたバックルームの荷降ろしなどの技術は、小売業界で成功を収め、業者に大きな利益をもたらしています。消費者ショッピングの体験向上のために、企業はテクノロジーへの投資を増やしており、店舗のデジタル化は今後も長く続くものと思われます。小売業者は、購入プロセス全体で買い物客に高い柔軟性を提供しており、デジタルと物理的なショッピングプラットフォーム間のスムーズな移行が重要になってきています。さらに、消費者は価格に関する情報をより多く得られるようになってきており、店舗オーナーは迅速に価格調整を行う必要性があります。

抑制要因:設置やインフラにかかる高い費用

電子棚札技術の導入は、ESLと互換性を持たせるために電化された棚を追加で導入する必要があり、その結果、組織化されていない小売業者にとっては導入費用が負担となっています。さらに、小売業者や企業は技術を導入する前に、投資額と収益回収にかかる時間について、そのメリットを常に分析しています。経済発展途上国の未組織小売市場では、中小規模の小売業者からの多額の投資を必要とする支援インフラも必要となるため、これらのラベルの展開にかかるコストが大きな抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]