ドライビングシミュレーターの市場規模 、2025年には21億米ドル到達予測 各産業での熟練したドライバー不足から開発に期待

ドライビングシミュレーターの市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2025年には21億米ドルに達すると予測されています。高い事故率による熟練ドライバーの需要の増加、航空輸送の増加、高速鉄道プロジェクト、自律走行車への大規模な研究開発投資などが、ドライビングシミュレーターの需要を牽引しています。同市場は、先進国だけでなく発展途上国でも成長を遂げています。

現在、鉄道、航空、自動車、船舶、防衛などの産業は、熟練したドライバー不足に直面しています。事故の90%以上がヒューマンエラーによるものであり、ドライビングシミュレーターの開発は必要に迫られています。ドライビングシミュレーターは、仮想環境を利用して全方位からの衝突を回避するための訓練を行う技術であり、世界的にも需要が高まっています。

COVID-19がドライビングシミュレータ市場に与える影響

様々な業界の主要プレーヤーは、COVID-19の影響で生産を停止し、計画の見直しを余儀なくされています。モデルやプロジェクトの発売スケジュールの変更、ディーラーネットワークの安定化、キャッシュフローの厳しい管理、投資ポートフォリオの見直しなどが、世界中の車両、列車、ワゴン車などの生産と販売に影響を与え、2020年の職業訓練用ドライビングシミュレーター市場は前年と比較して縮小しました。また、自動車・輸送、物流、航空宇宙・防衛などの業界では、パンデミックの影響で各種職業訓練用シミュレーターの開発・導入が鈍化すると予想されています。パンデミックの影響を受け、市場シェアの高い主要国でドライビングシミュレーターの設置が減少しています。

また、プロのトレーニングのためのドライビングシミュレーター市場は、ECAグループ、Cruden B.V.、Corys、Transurb、Tecknotrove、SHRail、およびCassidianのようなプレーヤーによって支えられています。これらの企業は、ロックダウン中の生産を停止しています。例えば、ECAグループは従業員の健康と安全を守るために、拠点内での製造活動を制限しました。同社は、今後の収益をさらに維持するために、複数のプロジェクトでリモートワーク政策を実施しています。

牽引要因:熟練ドライバーの不足

現在、鉄道、航空、自動車、船舶、防衛などの産業は、熟練したドライバー不足に直面しています。事故の90%以上がヒューマンエラーによるものであることから、ドライビングシミュレーターの開発が切望されています。ドライビングシミュレーターは、仮想環境を利用して全方位からの衝突を回避するための訓練を行う技術です。このシステムは、360度の視野と最大9度の自由度を提供するモーションプラットフォームによって、この機能を実現しています。このシステムは、ドライバーが制御された方法で状況を管理するのに役立ちます。このように、ドライビングシミュレーターは効率的で、安全性を大きく向上させることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]