心臓マーカー検査の市場規模、2025年に55億米ドル到達予測

心臓マーカー検査の市場規模は、2020年の36億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2025年には55億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、心血管疾患の発生率の増加、高齢者人口の急増、心臓バイオマーカーの研究に対する公的機関や民間団体からの資金提供の増加などが主な要因となっています。

COVID-19の心臓マーカー検査市場への影響

心臓マーカー検査市場は、短期的なマイナス成長に直面しています。これは、心血管疾患の患者数や心筋梗塞と診断された患者数が50%以上減少したことなどが要因となっています。COVID-19の影響で、外来診療、検査、処置、心臓リハビリテーション等の循環器系コミュニティサービスなど、循環器系サービスのすべての分野で大幅な減少が見られました。

牽引要因:心血管疾患の発生率の増加

心血管疾患(CVD)の主要な危険因子である高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の罹患率が増加しています。2016年には、世界で19億人以上の成人が過体重で、そのうち6億人以上が肥満でした。2030年には、世界人口の41%が過体重または肥満になると推定されています(出典:WHO)。肥満と冠動脈疾患のリスクとの関連性については、研究者(Bogers RP, Bemelmans WJ, Hoogenveen RT, et al)が、30万人以上の参加者を対象に実施した21件の長期研究をさらに解析して発表しました。その結果、標準体重の人に比べて、過体重の人は冠動脈疾患(CAD)の発症リスクが32%高く、肥満の人は81%高くなることが分かりました。

抑制要因:サンプル採取と保管に関する技術的問題

多くの疫学研究では、心臓バイオマーカーを用いて、ヒトのさまざまな疾患の段階を調査しています。それには、限られたサンプルから多くの情報を収集しつつ、バンクサンプルを使用して将来の研究コストを最小限に抑えるために、貴重な生物学的サンプルを慎重に取り扱い、保管する必要があります。そのため、サンプルの収集はサービスプロバイダーが直面する重要な問題の一つであり、次にこれらのサンプルへのアクセスが必要となります。同様に、これらのサンプルには厳格な品質管理が求められ、損失を避けるために適切な条件で保管する必要があります。また、リスク検出、スクリーニング、診断、モニタリングの各プロセスでは、それぞれ異なるサンプルが必要となります。アーカイブされた検体を用いた心臓バイオマーカー研究の結果の妥当性は、検体の完全性、および検体の収集、処理、保存の方法に依存します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]