フローイメージング顕微鏡の市場規模、2025年に4500万米ドル到達予測

フローイメージング顕微鏡の市場規模は、2020年の3200万米ドルからCAGR 7.4%で成長し、2025年には4500万米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、ナノテクノロジー分野の研究活動の活発化、医薬品の研究開発への投資の増加、業界全体の製品品質に関する規制ガイドラインの厳格化などです。しかし、技術的な限界が、市場の成長を抑制する要因となることが予想されます。

COVID-19がフローイメージング顕微鏡市場に与える影響

新型コロナウイルスは、様々な分野の複数の産業に影響を与えています。特に、米国、欧州、中国など、ウイルスの発生率が高い地域では、セクター全体の成長に大きな影響を与えることは明らかです。石油、鉱業、航空などの業界が深刻な影響を受けている一方で、製薬、バイオテクノロジー、ヘルスケアの各業界は、最大数の患者や医療従事者にサービスを提供できるよう、この状況に対応しています。このように、COVID-19は、長期的な市場となるフローイメージング顕微鏡業界に影響を与えています。

牽引要因:製薬会社への投資の増加

製薬会社やバイオテクノロジー企業は、ヘルスケア分野の高まるニーズに対応するため、研究に多額の投資を行っています。例えば、2019年の米国研究製薬工業協会(PhRMA)の会員年次調査によると、2018年には会員企業が研究開発(R&D)に796億米ドルを投資しています。さらに、製薬企業と医療関係者が治療薬の研究開発のために協力することで、ラボオートメーションの利用が促進され、フローイメージング顕微鏡市場の需要が増加すると考えられます。

抑制要因:技術的限界

フローイメージング顕微鏡の主な欠点は、粒子径がフローセルの深さに制限されることです。そのため、単一の倍率とフローセル深度の組み合わせでは、特定の範囲の粒子しか特性評価できません。このため、サンプルに様々なサイズの粒子が含まれているプロセスがボトルネックとなり、プロセス全体に影響を及ぼす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]