戦場管理システムの市場規模、2025年に118億米ドル到達見込み

戦場管理システムの市場規模は、2020年の95億米ドルからCAGR 4.3%で成長し、2025年には118億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する要因としては、戦闘状況下での意思決定プロセスをサポートするために、正確な状況認識の獲得が重要視される事が挙げられます。

COVID-19の戦場管理システム市場への影響

戦場管理システム市場には、Lockheed Martin Corporation(米国)、Northrop Grumman Corporation(米国)、Thales Group(フランス)、Collins Aerospace(米国)、Leonardo SPA(イタリア)、BAE Systems(英国)、Atos SE(フランス)、Saab AB(スウェーデン)、Aselsan(トルコ)、Elbit Systems(イスラエル)、L3Harris Technologies(米国)などの大手企業が参入しています。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、その他の地域など、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が2020年の戦場管理システムに5%から10%の影響を与えると考えています。

欧州、米国、アジア太平洋地域でCOVID-19が急速に普及したことで、防衛関連の予算配分が大幅に減少し、軍事的な調整プログラムへの関心が薄れました。その結果、戦場管理システムの需要が世界的に停滞し、システムを提供する企業の収益も、納期遅れや製造停止、機器の入手困難などの理由により、世界的に減少しました。一方、業界の専門家によると、戦場管理システムの需要は2022年までに完全に回復すると予想されています。

牽引要因:意思決定プロセスを支援する状況認識の強化に対する需要

戦闘中の情報を識別・処理・分析する事で得られる状況認識情報は、意思決定に利用されます。空軍、海軍、軍事作戦の成功は、状況認識情報の正確さにかかっています。高度な情報、監視、偵察技術と指揮統制機能を統合することで、空、陸、海のソリューションにリアルタイムの状況認識情報を提供し、戦略的意思決定に役立てます。高帯域のセンサー処理、ビデオ管理システム、安全なネットワークルーター、スイッチは、ミッションにおける効果的な意思決定に重要な役割を果たします。敵軍を追跡する必要性からも、状況認識に対する需要は急速に高まっています。様々なセンサーが提供する状況認識に関する情報は、効果的なミッションの計画に役立ちます。

抑制要因:高い開発・維持コスト

戦場管理システムは、現代の戦争において不可欠な要素です。しかし、これらのシステムを開発し、各国の防衛能力に採用するには、高額なコストが必要となります。BMSは、様々な防衛システム、指揮統制システム、情報・監視・偵察システムを統合し、マルチドメインのプラットフォームとして機能させるものです。これらのシステムの開発、設置、維持には費用がかかります。そのため、BMSシステムの開発と展開に必要なコストと時間が、この市場の成長を阻害する大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]