コンテンツ配信ネットワークの市場規模、2025年に279億米ドル到達予測 安定したコンテンツ配信が可能に

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の市場規模は、2020年の144億米ドルからCAGR14.1%で成長し、2025年には279億米ドルに達すると予測されています。CDN市場の成長を牽引する主な要因としては、高速データネットワーク上のライブで途切れる事のないコンテンツ配信を可能にするソリューションへのニーズの高まり、QoE(Quality of Experience)とQoS(Quality of Service)の強化に対する需要の高まり、ウェブ上の動画やリッチメディアの拡散、動画コンテンツの強化とレイテンシーのないオンラインゲーム体験への需要、インターネットとモバイルデバイス増加によるモバイルCDNの市場機会の増加などが挙げられています。

COVID-19パンデミックは、企業、産業、政府部門を含むあらゆるビジネスに大きな混乱をもたらしました。しかし、最近は、世界中の地域でロックダウンの制限が緩和され、様々な企業が業務を再開しています。また、ハイテク企業をはじめとする様々な組織が、従業員に在宅勤務環境を提供しており、ネットワークトラフィックが驚異的な勢いで増加しています。このため、複数の組織がコンテンツの負荷時間を短縮するためにCDNを採用しています。さらに、パンデミックの発生時には、高品質な動画コンテンツを必要とするOTT(Over-the-Top)プラットフォームなどのメディアやエンターテイメントプラットフォームの利用が、CDNソリューションへの需要を急増させています。オンラインショッピングの普及、eラーニング、オンラインゲームの増加により、サーバーの負荷を軽減し、途切れる事のないコンテンツ配信を提供するCDNへの需要が高まっています。

さらに、企業では事業継続性と持続可能性を重視しており、投資収益率(RoI)を高める事がより重要視されています。 CDNプロバイダーは、COVID-19の危機において組織を支援する上で、ビジネスアプリケーションの機能維持に向けた接続性の確保を進んで行っています。さらに、世界中でほぼすべての教育機関が、授業をオンラインプラットフォームやアプリケーションに移行しています。また、パンデミック期間中、多くの大企業や中小企業がリモートで仕事をしています。そのため、すべてのアプリケーション分野でインターネットの利用が驚くほど増加しており、ネットワークトラフィックが特に増加しています。エンドユーザーに効率的なコンテンツ配信するためCDNソリューションの需要が拡大しており、市場の多大な成長が予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]