装飾用コンクリートの市場規模、2025年に205億米ドル達成予測

装飾用コンクリートの市場規模は、2020年の154億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2025年には205億米ドルに達すると予測されています。同市場は、新築住宅や商業施設での需要の増加により、今後大きな成長が考えられます。耐久性、強度、メンテナンス性に優れた床材システムに対する需要が、装飾用コンクリート市場の成長を支えています。

COVID-19が装飾用コンクリート市場に与える影響

装飾用コンクリート市場は、2020年から2021年にかけて、パンデミックの多大な影響を受けると予想されます。さらに、この影響は、原材料の生産量の低下、サプライチェーンの混乱、貿易活動の阻害、建設需要の減少、新規プロジェクトの減少などにおよび、市場の成長が制限されています。

牽引要因:床材としてのスタンプコンクリートの需要増加

スタンプコンクリートの需要は、ホテルの床やその他の商業施設の建設に多く見られ、装飾用コンクリートの需要を増加させる主な要因となっています。これは、床の美観を損なうことなく、人の往来が激しい場所でも滑りにくく磨耗しにくいという、スタンプコンクリートの利点によるものです。特に、アジア太平洋地域と中東・アフリカ地域では、需要の大幅な増加が見込まれています。発展途上国では、住宅開発への投資が盛んで、工業化が急速に進んでいるため、スタンプコンクリートの需要が高まると予想されます。スタンプコンクリートは、今後数年間で需要が拡大すると考えられます。

抑制要因:原材料価格の変動

装飾用コンクリートの製造に使用される原材料やエネルギーは、価格が変動しやすく、この傾向は予測期間中も続くと考えられます。石油や原油のコストが不安定になると、原材料の価格が上昇し、ひいては装飾用コンクリートに使用される塗料、着色顔料、セメント、接着剤、シーラントなどのコストが上昇する可能性があります。原材料の価格は、装飾用コンクリートのコストに直接影響を与えます。原材料のコストが上昇すると、ベンダーは製品の価格を上げたり、利益率を下げたりして、市場の成長に悪影響を及ぼすことになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]