レベルトランスミッターの市場規模、2025年に35億米ドル到達予測 ワイヤレス技術の開発が市場成長を後押し

レベルトランスミッターの市場規模は、2020年の31億米ドルからCAGR2.6%で成長し、2025年には35億米ドルに達すると予測されています。この成長の背景には、医薬品や食品・飲料分野でのレベルトランスミッターの需要拡大、産業オートメーションや資源の最適利用への関心の高さ、産業安全に対する規制の強化、ワイヤレスレベルトランスミッターの開発などがあります。さらに、浮き屋根のあるタンクでの高レベル測定に関連した困難さが、レベルトランスミッター市場の今後の課題となっています。

COVID-19のレベルトランスミッター市場への影響

COVID-19は、世界の経済とすべての産業に深刻な影響を与えています。これは、世界中のサプライチェーンの混乱によるものです。製品の需要が大きく減少しているため経済は衰退しています。産業全体の生産は、原材料の不足により制限されています。輸出の減少とサプライチェーンの混乱は、生産の減少に関わる要因となっています。このように、レベルトランスミッター市場はCOVID-19の影響を受けており、2020年の推定前年比成長率は2019年と比較して低くなっています。

牽引要因:産業の自動化と資源の最適活用に重点

原材料と生産工程を正確に調整し、最終製品の品質を維持することは、製造業の成功のために非常に重要です。製造業者は、より速く、より安く生産するために、自動化されたプロセス制御技術の採用を開始しています。産業用オートメーションは、運用コストを削減し、製品品質や生産性を向上させ、プロセス産業の健康と安全に関連する問題に対処します。ディスクリート産業とプロセス産業の両方で、無駄を減らし、工場の効率を高めるためのベストプラクティスを導入することに焦点が当てられています。効率を向上させ、製造プロセスを最適化するためには、リアルタイムの生産データなどのプラントデータを活用して、より良いビジネスやオペレーション上の意思決定を行うことが先決です。したがって、この作業を容易にすることができるレベルトランスミッターを含むシステムやソフトウェアを組み込むことにますます注目が集まっています。

抑制要因:連続的なレベル測定におけるネットワークの輻輳

レベルトランスミッターは、レベル測定の操作を実行し、測定されたデータをネットワークを介して遠隔監視システムに通信します。工場での自動化は、生産プロセス全体でコンピュータを採用することで実現されています。このように、連続的なレベル測定では、大量のデータが生成されるため、ネットワークの輻輳が発生する可能性があります。過剰なデータは、業界全体で使用されているシステムの速度低下につながり、データ通信の流れに影響を与える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]