パッケージ印刷の市場規模、2025年に4334億米ドル到達予測 高額な設備投資が市場成長の抑制要因

パッケージ印刷の市場規模は、2020年の3521億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2025年には4334億米ドルに達すると予測されています。同市場は、食品・飲料や医薬品などの最終用途産業でのアステティック印刷ソリューションの需要が増加しているため、将来的に大きな成長を遂げると予想されています。また、急速な工業化と製造業の世界的成長は、高い消費者所得と相まって、新興国を中心とした産業活動の加速が市場の成長を押し上げる可能性があります。

COVID-19のパッケージ印刷市場への影響

COVID-19ロックダウンにより、2020年から2021年の包装印刷市場の成長率は、緩やかに減速すると予想されております。化学品、高級品、建設、その他などの業種で、包装市場の大幅な減少が予測されます。しかし、パンデミックの期間中の、食品・飲料および製薬用途によるパッケージ印刷ソリューションの需要は増加すると考えられます。

人々は、ロックダウンの恐怖からパニック買いや大量買いに依存しています。多くの人がオンラインチャネルを介して日々の食事や生鮮食品を注文しており、製品の信頼性を決定するパッケージ印刷ソリューションの需要増加につながっています。パンデミックの影響を受けた多くの国の政府、例えばインドでは、供給側の品不足を回避し、供給を継続するために、食品業界に生産を拡大するように求めています。製薬業界における包装印刷の需要は、病院、医薬品、PPEメーカーのCOVID-19パンデミックへの対応の中で、堅調に推移すると予想されます。生活必需品、ヘルスケア、医療品の需要が劇的に減少することはなく、これら製品のオンライン配信による流通の増加が予想されます。医薬品や消費財の偽造防止を目的としたパッケージング印刷ソリューションの需要が高まっています。

牽引要因:包装業界の成長

包装業界は、人口の増加、都市化、経済の発展、包装食品の需要、偽造製品に対する消費者の意識の高まりなどの影響を受けています。包装は、硬質包装と軟質包装で構成されており、輸送、流通、消費者向け梱包など目的により材料は異なります。包装は層ごとに、一次包装、二次包装、三次包装に分類されます。

抑制要因:初期設備投資

製造・印刷設備の設置には高い初期設備投資が必要です。工場の設置や印刷設備の購入にも投資が必要です。そのため、新規参入者や印刷技術の変更・高度化を目指す企業にとっては抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]