教育用ロボットの市場規模、2026年には26億米ドルに到達予測 、サービス産業におけるヒューマノイドロボットの可能性に期待

教育用ロボットの市場規模、2021年の13億米ドルからCAGR16.1%で成長し、2026年には26億米ドルに達すると予測されております。様々なタイプの教育用ロボットが、産業用ロボットとサービス用ロボットのカテゴリーで展開されています。これらのロボットは、トレーニングや教育を提供するだけでなく、多様なロボットの研究開発を支援しています。

COVID-19の教育用ロボット市場に与える影響

COVID-19パンデミックの出現は、世界的な問題となっており、教育用ロボット市場にも影響を与えています。教育用ロボットメーカーの多くがこの危機の影響を受けており、中期的な影響が予想されます。これは主に、教育用ロボットを提供する学校や大学、トレーニングセンターが一時的に閉鎖されたことによるものです。その結果、市場関係者は売上高の落ち込みを記録しています。例えば、ABB(スイス)のロボティクス・ディスクリートオートメーション部門の2020年第2四半期の売上高は、前年同期比で26%減少しました。しかし、2020年第3四半期の状況は、2019年の同時期と比較して3%の減少にとどまり改善されています。

牽引要因:サービス産業を変革するヒューマノイドロボット

ヒューマノイドロボットは現在、サービスロボット市場では最も小さなセグメントの一つですが、サービス産業を変革する高い可能性を秘めています。ソフトバンク・ロボティクス・グループ(日本)やPAL Robotics(スペイン)などの企業は、医療補助や教育用ロボットとして使用される人型ロボットを開発しています。現在、医療業界では、コンパニオンロボットを中心に人型ロボットが活躍しています。研究者たちは、ロボットのプログラミングをヒューマノイドロボットに移植する方法を研究しています。ヒューマノイドロボットにはソフトウェアが不可欠であるため、大学の研究者は革新的なソフトウェアソリューションを開発しています。ソフトバンク・ロボティクス・グループ(日本)の2つのヒューマノイドロボット、PepperとNaoは、学生に対する教育活動を含めて、サービス産業でより良い実装ができるように、人間と機械の相互作用、認知コンピューティング、自律的ナビゲーションなどの高度なプラットフォームを提供しています。

抑制要因:教育用ロボットの購入に伴う高コスト

学校や大学、特に経験のない教育機関にとってロボット教育センターの設立は難しい場合があります。ロボットの購入だけでなく、統合やメンテナンスのためにも高額な資本支出が必要となるからです。場合によっては、安全性、ネットワーク、配電などの面で追加のインフラが必要になることもあり、全体的な導入コストをさらに押し上げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]