電子化学品・材料の市場規模、2025年に643億米ドル到達予測 有害化学物質の規制遵守が必須に

電子化学品・材料の市場規模は、2020年の481億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2025年には643億米ドルに達すると予測されています。マイクロエレクトロニクスおよびチップ製造業界からの世界的な需要により、市場は牽引されると予想されます。

牽引要因:エレクトロニクス産業の技術的進歩

ナノテクノロジーの巨大な需要は、MEMSおよびNEMSデバイスへの市場シフトに貢献しています。ナノデバイスに関する小型化、軽量化、低消費電力化、安価な製造コストにより、ナノテクノロジーは世界的に受け入れられるようになりました。最近のナノベースのデバイスの商業化は、様々な技術の進歩に伴い、フォトレジストおよびフォトレジスト付属品市場の可能性を押し上げています。例えば、インテルは28nmから20nmをベースにした新技術を採用する方向に急速に進んでおり、半導体産業におけるナノ材料、ひいては電子化学品と材料の需要を押し上げています。

抑制要因:化学物質や材料に関する厳しい環境規制

電子製品の製造工程での有害化学物質や化学材料の使用により、企業は様々な規制に直面し、企業の収益に影響を与える法律に従うことを義務づけられています。半導体の製造におけるシリカの使用は、労働者の健康にとっても大きな懸念材料となっています。シリカは肺の奥深くまで移動して珪肺症を引き起こし、また、肺がんや他の様々な肺疾患を引き起こす可能性があります。他にも、塩化水素ガス、可燃性ガス、各種溶剤など、環境や人間に有害であり、潜在的な危険性があります。

エレクトロニクス産業では、製造工程で無数の材料や化学物質が使用されています。ヨーロッパだけでも500近くの電子産業に関する法律が存在します。法律は、エネルギー効率、製品のリサイクル、製品中の冷媒の使用、オゾン層破壊物質の使用、紛争鉱物に関する要件など多岐にわたっています。電子機器メーカーは、環境災害や健康被害を防ぐために、これらの規制を遵守しなければなりません。一方で、規制を遵守することによる高額な運用コストが発生しています。この規制はサプライチェーンの中で積み重なり、原材料の調達、生産、梱包、物流、最終製品の廃棄などで高い費用負担が発生します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]