鋼線の市場規模、2025年に1247億米ドル到達予測

鋼線の市場規模は、2020年の932億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2025年には1247億米ドルに達すると予測されています。これは、多様なアプリケーションからの需要が増加していることによるものです。鋼線の需要は、COVID-19の影響で2020年に減少すると予想されています。しかし、エンドユース産業におけるロックダウンの終了と回復が、鋼線市場の需要を刺激することが考えられます。

COVID-19が鋼線市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、2020年の鋼線市場は縮小すると予想されています。このウイルスのさらなる拡大を防ぐために、企業は事業所や製造施設を閉鎖しています。これに伴い、製造業、鉱業、自動車、航空宇宙・防衛などの業界で鋼線の消費量が減少しています。

牽引要因:建設業界の需要増

建設業界は、用途別で最大シェアの業界です。鋼線は、道路、河川、鉄道の橋梁、原子炉ドーム、スラブ、サイロ、ハンガー、水道橋、高層ビル、高架橋、鉄道枕木の建設など、建設業界で幅広く使用されています。これらの用途での需要増が、鋼線市場を牽引すると予想されます。

抑制要因:プラスチックロープやハイブリッドロープの登場

プラスチックロープは、スチールワイヤーロープと比較して、軽量でありながら高い強度を有しています。現在、ほとんどの最終用途産業では、プラスチック繊維の価格の高さなどから、スチールワイヤーロープが使用されています。しかし、今後は、プラスチック素材の進化に伴い、従来のロープに代わってプラスチックロープが使用されるようになると考えられます。プラスチックロープは、ロープが切れてもワイヤーロープのように折れ曲がらずに地面に落ちるため、怪我をすることがありません。鉱山では、その性能の高さから、今後プラスチックロープが広く普及していくことが予想されます。プラスチックロープは、人間工学的に優れているため、今後も需要が高まることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]