全地形対応車の市場規模、2025年に44億米ドルに到達予測 北米地域が最大シェアを占める

全地形対応車(ATV)の市場規模は、2020年の39億米ドルからCAGR2.4%で成長し、2025年には44億米ドルに達すると予測されています。軍事、農業、スポーツ用途でのATVの需要増加が、市場を牽引する主な要因となっています。

駆動方式別に、AWDが急成長

AWD は、ATV市場の中で急成長している部門です。AWD ATVでは、エンジンからの駆動は全車輪に均等に分けられます。AWD ATVは、アクティブなライダーに対する安全性を考え設計されており、グリップを2倍にして提供しています。滑りやすい道で、とっさに粘着摩擦が必要なトリッキーな状況下では、AWD機能が前面に出てきます。すべてのホイールが噛み合い、必要なレベルのトラクションを発揮して、複雑な道や地形を安全に横断することができます。今後のATVの生産増加と安全機能の向上が、AWD ATV市場の成長を牽引すると考えられます。

座席数別に、2人乗りATVが最も急速に成長

乗車定員別に2人乗りATVが最も急速に成長すると予測されます。同市場は着座定員別に1人乗りと2人乗りに分類されます。2人乗りATVの販売台数は2020年の11万3922台から2025年には14万5317台に達すると予測されています。観光産業における2人乗りATVの需要の増加に伴い、シェア拡大が考えられます。また、北米では、農業や軍事分野での2人乗りATVの需要も増加しているため、飛躍的な成長が期待されます。

燃料種類別に、ガソリンが最大のセグメント

OEMがエンジンパワー、強度とタフネス、設計の柔軟性、コスト競争を重視する中で、ガソリン燃料タイプのATVは多くの利点を提供しています。スポーツや軍事用途での需要の増加に伴い、ガソリン燃料タイプがATV市場最大のシェアを占めると予測されています。

地域別に、北米地域が最大の市場規模

地域別に、北米が最大の市場シェアを占めると予測されています。電気自動車プロジェクト、個人の高い可処分所得、新技術や先端技術の適用範囲、先進経済、ATVの設計に関する政府の規制などの要因が、同地域におけるATVの需要を喚起しています。また、米国における軍事、農業、スポーツ、娯楽、狩猟、林業、鉱業、建設活動など多業種からの高い需要も、最大のシェアを占める要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]