シームテープの市場規模、2025年に1億7900万米ドル到達予想

シームテープの市場規模は、2020年の1億2800万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2025年には1億7900万米ドルに達すると予想されています。シームテープは、インナーウェア、シューズ、スポーツウェア、スポーツインナーウェア、カジュアルウェアなど、幅広い用途に使用されています。

COVID-19のシームテープ市場への影響

シームテープ市場には、Bemis Associates(米国)、Sealon(韓国)、HiMEL(韓国)、Gerlinger Industries(ドイツ)、Adhesive Films, Inc. (NJ)などのサプライヤーがあります。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の地域に製造施設を持っています。これらの企業は、COVID-19の流行期間中、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで、需要の減少、サプライチェーンのボトルネックを経験し、従業員の安全を守るために生産の停止を発表しました。その結果、2020年にはシームテープの需要が減少すると予想されます。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、Tier1メーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。

牽引要因:ベストフィットインティメートアパレルに対する需要

ベストフィットに関する意識の高まり、ミレニアル世代の人口増加、女性の消費力向上などが、市場を牽引すると考えられます。また、スポーツウェア、ブライダルウェア、普段着など、さまざまな用途に合わせて複数のデザインの製品を幅広く提供できるようになったことも、同市場を牽引しています。各国の女性の間で美容製品への需要が高まっていることも牽引要因と考えられます。シームテープは、あらゆるインティメートなアパレルの製造において重要な役割を果たしています。

抑制要因:原材料価格の変動

原材料の価格と入手可能性は、シームテープメーカーが製品のコストを決定する上で重要な要素です。天然ゴム、フィルム、接着剤、ナイロンやポリエステルなどが、シームテープの製造に使用される原材料です。これらの原材料の多くは石油由来のものであり、商品価格は原材料価格の変動の影響を受けやすくなっています。最近の石油価格は、世界的な需要の増加や中東の情勢不安などにより、大きく変動しています。原材料のコスト変動と入手可能性の不確実性は、市場の成長にマイナスの影響を与えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]