ポータブルプロジェクターの市場規模、2025年に19億米ドル到達予測 多様なデバイスへの接続に有利

ポータブルプロジェクターの市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR4.3%で成長し、2025年には19億米ドルに達すると予測されております。これは、教育分野のデジタル化とポータブルプロジェクターの技術進歩により牽引されています。さらに、北米の教育分野で、最先端技術を搭載したデバイス導入による多額の投資が、市場の成長を後押ししています。

COVID-19のポータブルプロジェクター市場への影響

2020年3月、COVID-19は世界保健機関(WHO)によってパンデミックと宣言され、米国政府は緊急事態宣言を発令しました。このパンデミックは、米国および世界経済に悪影響を及ぼすだけでなく、世界のサプライチェーンや金融市場を混乱させ、施設の閉鎖とともに渡航制限や屋内退避が発令されました。さらに、企業は従業員の健康と安全を守り、パンデミックに対抗するために、さまざまな厳しい対策を講じています。例えば、ほとんどの企業は、従業員に可能な限り在宅勤務の選択肢を提供しています。しかし、製造施設を含め、在宅勤務が不可能な現場では、すべての施設で細部におよぶ洗浄やソーシャルディスタンスを保つためのプロトコルが厳格に守られています。COVID-19 パンデミックが企業の業務および財務業績に与える影響は、パンデミックの拡大する期間と速度、第二波の発生と増加の可能性、そして疾病の拡大を防ぐために、州、地方、政府がとる封じ込めおよび緩和措置に依存します。また、パンデミックの企業への影響は、従業員の安全な作業能力、製品の運用や受領を継続する顧客の能力、製造業者やサプライヤーの操業継続能力、顧客の製品やサービスへの需要に左右されます。

牽引要因:ポータブルプロジェクターの技術的進歩

ポータブルプロジェクターは、もはや低品質で使いづらく、通常とは異なる効果しか期待できないデバイスではありません。現代のポータブルプロジェクターは、軽量で、ビジネス、教育、娯楽などの用途に適し、インターネットに接続することができ、関連データを保存するためのメモリデバイスが装備されています。さらに、ポータブルプロジェクターは、情報にアクセスするために必要なUSB、HDMI、およびMHLポートが付属しており、スマートフォン、ラップトップ、およびタブレットに簡単に接続することができます。また、ポータブルプロジェクターは、より良い画質のための高解像度、すなわち、HDとフルHDを提供し、内蔵スピーカーとバッテリーを備えています。これらのデバイスは、持ち運びが簡単で、楽にポケットに収めることができます。ポータブルプロジェクターは、ホームエンターテイメントとしてリーズナブルな価格で利用できる経済的に実行可能なオプションです。最近では、高品質な2D・3Dポータブルプロジェクターも登場しており、発熱量が少なく、低消費電力を特徴としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]