5Gコアの市場規模、2025年には94億9700万米ドル到達予測

5Gコアの市場規模は、2020年の6億3000万米ドルからCAGR72.0%で成長し、2025年には94億9700万米ドルに達すると予測されています。5Gコア市場は、クラウドネイティブでサービスベースのアーキテクチャを採用しているため、低遅延、URLLC、eMBB、mMTCの提供に重点を置いた製品のモジュール性が向上することで、人気が高まっています。携帯電話ネットワークで伝送されるデータ量の急激な増加は、主に消費者の動画に対する需要と、ビジネスにおけるクラウドサービスの利用によってもたらされました。5Gコアベンダーには大きな成長機会があります。プライベート5Gのような企業における5Gサービスの商業化や、免許不要の共有周波数の利用が可能になることで、5Gコア市場の将来を形作ると予想されます。

COVID-19の5Gコア市場に与える影響

COVID-19パンデミックの間、各国のデジタルインフラをサポートするために、電気通信部門は重要な役割を果たしています。連邦政府、州政府、中央政府、地方政府、地方自治体を含む、すべての個人や政府が社会の中で互いに連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムで提供・入手しています。現在、医療、通信、メディア・娯楽、公共事業、政府機関などが、各個人に必要なサービスを提供するために日夜活動しています。従来より、中小企業は経済のバックボーンとして機能してるため、現在の状況下で、パンデミックの影響を最も強く受けているのは中小企業です。

牽引要因:インダストリー4.0はmMTCへの道を開いた

IoTの普及とM2M(Machine-to-Machine)通信ネットワークの継続的な進歩は、あらゆる種類のデバイス、家電、システム、サービスを接続することで、さまざまな産業に変革をもたらしています。IoTは、コア対応の5Gがサポートする数多くのユースケースの一つであり、大量のセンサーや接続されたデバイス間の通信を可能にします。IoTアプリケーションの要件は、高出力・低遅延のアプリケーション(モバイルビデオ監視など)、および低出力・低遅延・長距離のIoTアプリケーション(スマートシティやスマートファクトリー)に分類されます。マッシブマシンタイプの通信やミッションクリティカルなアプリケーションに分類される新興のIoTアプリケーションの要件をサポートするために、5G技術の進化が加速することが予想されます。

抑制要因:5Gのコアネットワークにおけるセキュリティへの懸念

5Gコアネットワークのセキュリティは最大の懸念事項であり、企業やサービスプロバイダーにとって大きな損失につながる可能性があります。新しいネットワークインフラは、SDN、NFV、クラウドネイティブアーキテクチャの助けを借りて設計されています。ネットワーク機能は、アンダーラインのインフラから分離され、ローカル、リージョナル、セントラルのデータセンターに配置されます。クラウドベースの5Gネットワークでは、ネットワーク機能の大部分がパブリックおよびプライベートクラウドのインフラ上に展開されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]