シンタクチックフォームの市場規模、2025年に1億6900万米ドル到達予測

シンタクチックフォームの市場規模は、2020年の1億3200万米ドルからCAGR5.2%で成長し、2025年には1億6900万米ドルに達すると予測されています。シンタクチックフォーム市場の成長要因は、自動車産業からの需要の拡大です。

COVID-19のシンタクチックフォーム市場への影響

シンタクチックフォーム市場には、ALSEAMAR(フランス)、Trelleborg AB(スウェーデン)、Diab(スウェーデン)、Deepwater Buoyancy(ニューイングランド)、CMT Materials(米国)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他様々な国に製造施設を持っています。これらの企業は、COVID-19パンデミックの間、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、生産の停止を余儀なくされました。その結果、2020年のシンタクチックフォームの需要は減少すると予想されました。

牽引要因:深海や超深海での活動の増加

化石燃料、特に石油・ガスの需要が絶え間なく増加していることから、探査・生産業界では水深1000~5000フィートの深海での掘削が進められています。メキシコ湾や北海を中心とした、深海石油・ガス活動の活発化、深海・超深海プロジェクトの実行可能性の向上、需給ギャップの逼迫などの要因が、市場を牽引しています。また、ブラジル、ガイアナ、ナイジェリアなどの国でも、深海油田の開発・生産プロジェクトが予定されていることから、深海油田・ガスプロジェクトは今後数年間で増加すると予想されます。2014年から2018年にかけて、世界の深海油田への支出は増加しています。ブラジル、米国メキシコ湾(GoM)、ノルウェー、アンゴラ、ナイジェリアなどの地域が、この資本支出のシェアを占めていますが、中でも西アフリカの成長が大きいと予想されています。2018年には、ブラジルと米国を合わせて、世界の超深海油田生産量の90%以上を占めました。さらに、最近のコスト削減と技術の躍進により、多くの石油・ガス探査・生産会社が持続可能な深海開発のポートフォリオを拡大することができました。これらの要因が、深海および超深海プロジェクトにおけるシンタクチックフォーム市場を牽引すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]