MSポリマー接着剤の市場規模、2025年に59億米ドル到達予測

MSポリマー接着剤の市場規模は、2020年の42億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2025年には59億米ドルに達すると予測されています。同市場は、自動車や建設業などの主要なエンドユース産業の成長を背景に、高い成長を遂げています。

COVID-19のMSポリマー接着剤市場への影響

IMF(国際通貨基金)によると、2020年には2008年の世界経済危機と同程度かそれ以上の不況が起こるとされています。IMFは、2020年から2021年にかけて、世界経済の総生産高が9兆米ドル減少すると警告しています。しかし、今後の経済的ダメージの大きさは、欧州や米国、その他の主要経済国での、ウイルス拡散状況に依存しています。

エコノミストによると、中国経済は予想をはるかに上回る打撃を受けていますが、一時的には安定化しつつあります。欧米では、旅行や交通機関の規制が強化され、ロックダウンが長期化することで需要が減少するものの、2021年後半には大幅な回復が始まると予想されています。

牽引要因:接着剤およびシーラント製造におけるハイブリッド樹脂の需要拡大

構造設計における接着剤やシーリング材の導入は、他の組み立て方法を上回り加速しています。最新の製品デザインや製造プロセスに対する需要が高まっているため、新しい接着剤およびシーラントが継続的に調合されています。近年の接着剤およびシーラント技術の進歩により、メーカーは製造工程を短縮し、耐久性を高めることが可能になりました。MSポリマーベースの接着剤は、それぞれの樹脂の最も重要な特性を組み合わせることで、高性能な接着剤やシーラントを形成する能力を持っています。次世代の接着剤およびシーラントとして、顧客のニーズに合わせてカスタマイズされたソリューションが導入されています。各メーカーは、接着剤接合技術を組み合わせた研究開発に多額の投資を行っています。ここで開発されたハイブリッド接着剤は、その製造で使用された樹脂の特性を持つことになります。ハイブリッド樹脂の開発は、市場を牽引する重要な役割を果たしています。

抑制要因:エンドユーザーへの認知不足

MSポリマー接着剤のエンドユーザーへの受け入れ率はまだ低い方です。この受け入れ率の低さは、ハイブリッド接着剤の利用可能性が認知されていないことが原因と考えられます。エンドユーザーは、従来の接着剤で得られる結果に満足しています。ハイブリッド接着剤の、柔軟性・伸長性の向上、耐衝撃性・熱サイクル性、剥離強度、長期耐久性など付加的なメリットに対する、エンドユーザーの認知が進んでいません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]