データディスカバリーの市場規模、2025年に144億米ドル到達予測 クラウド、リモートワークの普及によりデータ保護の必要性が増加

データディスカバリーの市場規模は、2020年の70億米ドルからCAGR15.6%で成長し、2025年には144億米ドルに達すると予測されています。機密性の高い構造化データおよび非構造化データを発見する必要性の高まり、規制の進展に伴うデータプライバシーへの投資の増加、データ内のセキュリティコンプライアンスとガバナンスを改善するためのクラウドベースのデータディスカバリーソリューションの採用、COVID-19シナリオにおける組織のデータ活用の重要性の高まりなど、さまざまな要因がデータディスカバリーの採用を後押しします。

COVID-19のデータディスカバリー市場への影響

データディスカバリーソリューションやサービスを提供する企業は、短期予測では成長率の僅かな減少が考えられます。しかし、ワクチン開発への注力、在宅ワーク導入への取り組み、eHealthの導入により、構造化データと非構造化データが爆発的に増加しており、インサイトを導き出すためのデータを効率的に発見し管理する必要があります。2020年には市場の減速は最小限に抑えられ、プラス成長が続くと予想されました。COVID-19の世界的な流行により、プライバシー、データ保護、セキュリティ、コンプライアンスに関する多くの懸念が生じています。これらの課題により、企業や組織は、データディスカバリーソリューションによる安全性の確保だけでなく、戦略的なビジネス上の意思決定のためのデータ分析のサポートが求められるようになっています。

推進要因:繊細な構造化データや非構造化データを発見する必要性

IT の境界線上にある構造化されたデータとは異なり、センシティブなコンテンツは、オフィス文書、ファイル、画像などの非構造化形式で存在し、ファイルの共有、ソーシャルメディア、電子メールを介して配布、公開されています。あらゆる業界の企業が、ビジネスの成長を促進し、競争上の優位性を構築するために、データを収集し、有意義な分析を行うことの重要性に気付いています。IoTデバイス、センサー、地理空間デバイスの利用により、あらゆる組織が膨大な量のデータを生成しています。構造化されたデータと非構造化データを特定のフォーマットに統一することで、エンドユーザーによる検証と理解を可能にします。

機密性の高いデータの発見は、効果的なデータセキュリティ計画の作成と維持に不可欠です。特に、クラウドの急速な普及とリモートワーカーの台頭により、組織はもはやオンプレミスのみに存在する機密データを気にしているわけではありません。現在では、データが通過する経路は複数あり、機密データが到達できる可能性のある場所はさらに多くなっています。機密データを発見する必要性が行動に移され、データセキュリティ管理が容易になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]