サージアレスターの市場規模、2025年に19億米ドルに到達予測 再生可能エネルギー増加が牽引要因に

サージアレスター(避雷器)の市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR4.9%で成長し、2025年には19億米ドルに達すると予測されています。APAC(アジア太平洋地域)における電力需要の増加と再生可能エネルギーの設置容量の増加は、電力会社に送電・配電ネットワークや電化プロジェクトへの投資を促しています。これらの投資は、北米と欧州の老朽化した電気インフラを置き換えるとともに、サージアレスター市場の需要を創出することが期待されています。

COVID-19のサージアレスター市場への影響

サプライチェーンのダメージが、すでに契約済み、または製造工程中のサージアレスターへ多大な影響を及ぼしています。業界の要人は、コロナウイルスの蔓延を抑えるため工場を閉鎖し、労働者の罹患による納入や建設の遅れを予測しています。サージアレスターの製造に使用される部品の多くは、中国、その他アジア太平洋地域、米国、欧州などから供給されています。中国と米国の製造中止による影響は、短期的に市場を急落させる可能性があります。

さらに、COVID-19の発生により、多くの国の現地通貨の価値が下落しています。需要と供給にずれがあり、金属メーカーに金銭的損失をもたらします。また、サージアレスターの製造に使用される主要部品は一般的に米ドルで調達されるため、部品の値上げにつながる可能性があります。

推進要因:送配電ネットワークへの投資の増加

サージアレスターは、送電・配電(T&D)ネットワークの電気機器を保護するために必要不可欠なコンポーネントです。サージアレスターは、変電所、送電線、およびその他の電気ネットワークの部位に設置されています。サージアレスター市場を牽引する主な要因は、T&Dネットワークへの投資が増加していることです。T&Dネットワークの拡張とアップグレードは、サージアレスター市場の成長に直接影響を与えます。膨大な電力需要を確実に満たすためには、電気ネットワークへの投資が必要です。中国やインドでの電化プロジェクトの増加や、米国、欧州、その他先進国で再生可能エネルギーの統合するためのネットワークの拡大により、今後数年間でサージアレスターの需要が高まると予想されています。

抑制要因:サージアレスターのグレーマーケットの存在

大手サージアレスタメーカーは、認可を受けずに安価で低品質の製品を供給している非組織的なプレーヤーとの厳しい競争に直面しています。このような小規模なローカルプレーヤーは、自社で製造した製品を無許可で販売しています。組織に属さない市場プレーヤーは、価格競争力や、現地供給網の維持という点で大手プレーヤーを圧倒しています。グレーマーケットでのサージアレスターの販売拡大は、安価な品質の製品が市場リーダーの名前で販売されることで、市場リーダーのブランド力を低下させています。グレー市場でのローカルプレーヤーの販売増加は、グローバルプレーヤーの収益拡大の機会を減少させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]