電動スクーター・電動バイクの市場規模、2027年に594万8000台到達予測 充電インフラ不整備が市場の抑制要因に

電動スクーターおよび電動二輪車の市場規模は、2020年の86万1000台からCAGR31.8%で成長し、2027年には594万8000台に達すると予測されています。通勤時の高いエネルギー効率に対する需要や、補助金や税金の還付を通じた電気二輪車への政府の支援などから、二輪車OEMは、従来の内燃機関(ICE)の使用を超えて電動バイクの開発を余儀なくされています。

充電インフラ開発のために各国政府による投資が増加しています。購入者に提供されるインセンティブにより、OEMが収益と地理的な存在感を拡大する機会を生み出しています。アジア太平洋地域の市場は、エネルギー効率が良く、エミッションフリーの電動バイクに対する高い需要により着実に成長を遂げています。また、北米地域は、政府のイニシアチブと高性能Eモーターサイクル部門の成長により、最も急速に成長する市場です。しかし、充電インフラネットワークの不足、初期投資に伴う高コスト、性能上の制約などが、電動スクーター・電動バイク市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19の電動スクーター・電動バイク市場への影響

COVID-19の発生で、産業界のエコシステムが混乱し、世界中で新車の生産と販売が停止しました。OEMはロックダウンの解除まで生産再開を待たなければならず、ビジネスに影響を与えました。そのため、自動車メーカーは生産量を調整する必要がありました。また、部品製造も停止しており、小規模なTier IIやTier IIIメーカーは、資金繰りの問題に直面する可能性がありました。自動車産業は資本集約度が高く、事業を継続するために頻繁な資金調達に依存しています。したがって、パンデミック発生中の生産停止と需要の減少は、電動スクーター・電動バイクメーカーにかつてないほどの影響を与えています。

COVID-19パンデミックにより、多くの国が2ヶ月以上の完全なロックダウンを課していたため、自動車の生産に影響が出ています。世界中の製造部門が操業を停止し、自動車販売は大打撃を受けました。しかし、大多数の自動車メーカーは生産を限定し必要な措置をとることで車両生産を再開しました。ほとんどのOEMは大きな損失を報告しておらず、パンデミック発生の影響を受けたOEMは少数でした。

牽引要因:運転・保守コストの低さ

電動スクーター・電動バイク市場を牽引している最も重要な要因は、石油製品の価格上昇です。新興国の消費者はすでにガソリン価格の上昇の影響を受けています。電気で作動する電動バイクは車両の運用コストを削減し、従来のバイクよりも効率的です。メーカーは、さらに高い性能を持つ電動スクーターや電動バイクを開発することが期待されています。従来の電動バイクよりも可動部が少ない事から、メンテナンス面での心配も少なくなります。最もメンテナンスコストが高いバッテリーの交換費用は、頻繁に発生するものではありません。

抑制要因:充電インフラの不足

電動スクーター・電動バイク市場の成長における最大のハードルは、充電インフラの不足です。電動バイクを購入する際の最も大きな懸念は、充電の場所とタイミングです。先進国とは異なり、ほぼすべての新興国で必要な充電設備が不足しています。メーカーは独自の充電設備を提供し始めていますが、充電プロセスを容易にするには十分ではありません。電動バイク市場の成長のためには、利用者が充電ステーションの心配なく長距離を走れる広範囲の充電インフラネットワークが必要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]