過酢酸の市場規模、2030年に16億8500万米ドル到達予測

過酢酸の市場規模は、2020年の8億1300万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2030年には16億8500万米ドルに達すると予測されています。同市場は急速に成長しており、最終用途産業からの需要の増加に伴い、今後も高い成長を示すと予測されます。様々な産業におけるニーズに合わせて製品を開発することが、今後5年間の過酢酸市場の成長に欠かせない要因です。現在の市場成長は、APAC(アジア太平洋地域)での需要、環境団体による製造承認、欧米のエンドユース市場での過酢酸の性能向上などが要因となっています。

COVID-19の過酢酸市場への影響

COVID-19パンデミックにより、世界の医療システムが混乱し、病院や医療設備が不足しています。また、感染者の増加に対応するため、臨時の病院も設立されています。COVID-19の蔓延により、衛生、健康、安全に対する意識の高まりから、洗浄・消毒剤の需要が急増しています。これらの要因が、過酢酸製品の需要を押し上げています。報告されたCOVID-19陽性症例の少なくとも10%はICUを必要とし、多くの患者は重篤で低酸素症による気管挿管を必要としています。米国では、COVID-19陽性患者の21~31%が入院を必要とし、5~11%が集中治療を必要としました。病院のベッドやICUの需要の増加、隔離施設の普及、人々の衛生や予防医療に対する意識の高まりなどの要因が、過酢酸の需要を大きく押し上げています。また、COVID-19の収束後は、ウイルス再燃の恐れから、過酢酸の需要はスケールアップすると予想されます。

牽引要因:過酢酸の代替となる殺生物剤に対する優位性

殺菌剤、消毒剤、化学的滅菌剤などの殺生物剤は、微生物の繁殖を防ぐために不可欠な役割を果たしています。一方、環境に優しい過酢酸は、漂白剤や消毒剤として使用する塩素の代替品として、排水処理に使用されます。このことから、過酢酸は、殺生物剤業界における革新的な開発対象の一つとなっています。過酢酸の好ましい特徴により、エンドユーザーは様々な用途でこの製品を使用しています。

抑制要因:高コストと、メリットに対する認識の低さ

過酢酸市場の主な抑制要因は、本製品に対する認知度の低さです。消費者は、本製品とその用途について、あまり多く知りません。さらに、過酢酸は、過酸化水素、塩素、次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸カルシウムなどの代替品と比較すると、高価な商品です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]