照明塔の市場規模、2025年に57億米ドル到達予測

照明塔の市場規模は、2020年の43億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2025年には57億米ドルに達すると予測されています。この成長は、建設、鉱業、石油・ガス、イベント・スポーツなどのエンドユース産業で、照明塔運用のための投資が増加していることに起因しています。

市場タイプ別では、レンタルセグメントが最大

照明塔業界は、市場タイプ別に、販売とレンタルに分けられます。レンタルイプのセグメントは、北米およびアジア太平洋地域における需要により、2019年に最大シェアを占めました。設備投資が少なくて済むため、短期間、もしくは、一時的な使用を目的としたレンタル市場を牽引しています。

ライトタイプ別では、LEDセグメントが急速に成長

照明塔市場は、ライトタイプ別に、メタルハライドタイプとLEDタイプに分けられます。メタルハライドタイプは、照明塔を採用する主要な産業である、石油・ガス、鉱業のエンドユーザーからの需要が増加していることから、2019年に最大の市場となりました。しかし将来的には、LEDのエネルギー効率や運用特性が向上していることから、LED照明塔セグメントが最大かつ急成長すると予想されています。

燃料タイプ別では、ディーゼル燃料セグメントが最速で成長

照明塔市場は、燃料タイプ別に、ディーゼル、ソーラー・ハイブリッド、直接電源に分けられます。ディーゼル発電機は、系統電力の供給を受けられない遠隔地のオフグリッド地域での運用が増えているため、最大のシェアを占めています。また、ディーゼルエンジンは、他の燃料に比べてコスト効率が高く、広く普及しているため、ディーゼルエンジンを搭載した照明塔の市場が拡大しています。

地域別では、北米が最大

市場は地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米に分類されます。2018年の市場のシェアは、北米が過半数を占めており、この傾向は2025年まで続くと予想されています。米国やカナダなどの国では、インフラ整備や石油・ガス探査活動への投資が活発で、主な牽引要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]