画像認識の市場規模、2025年に530億米ドル到達予測 莫大な開発コストが市場成長の抑制要因に

画像認識の市場規模は、2020年の262億米ドルからCAGR15.1%で成長し、2025年には530億米ドルに達すると予測しています。コンプライアンス基準を遵守した効率的で収益性の高い小売実行プロセスへのニーズの高まりが、この市場の成長を牽引すると予想されます。

牽引要因:コンプライアンス基準を遵守した小売り実行プロセス

画像認識ソリューションは、企業が顧客とのやり取りを管理し、オンラインとオフラインで商品を販売し、店舗の在庫を管理する方法に革命をもたらしています。特にこの技術は、オンラインで商品を検索して購入するために利用されるケースが増えています。例えば、Snapchatの親会社であるSnapは現在、画像認識技術を活用し、ユーザーが現実世界で商品の写真を撮影し、Amazonによる商品の識別、閲覧、購入を可能にする、Snapchatのビジュアル商品機能の開発に取り組んでいます。電子商取引業界のブーム、特にCOVID-19パンデミックの状況下では、企業家や小売業者は、従来の販売促進、マーケティング、ビジュアルマーチャンダイジングの戦略では、長期的な持続が不可能であることを認識しています。そのため小売業者は、次世代の顧客体験を提供するために、新時代のAIと画像認識にいち早く適応しようとしています。商品棚の認識、商品の配置、マーチャンダイジング基準へのコンプライアンスの維持のための画像認識の使用は急速に勢いを増しています。画像認識技術は、メーカー、小売業者、マーケッターが市場を理解し、ダイナミックに対応するための助けとなっています。

抑制要因:画像認識サービスの導入コストが高い

画像認識システムの作成にかかる高コストが、市場の成長を妨げる可能性があります。顔認識、ディープラーニング、コンピュータビジョン、AI、ML、ジェスチャー認識などの実現技術の多くは、莫大な開発コストがかかります。そのため、資金力のない企業は、生産性を向上させるために画像認識ソリューションに興味があっても、画像認識製品を選ぶことはありません。Microsoft Computer Vision API、Microsoft Emotion API、Amazon Rekognition、Google Cloud Vision API、IBM Watson Visual Recognitionなど、市場でよく知られたベンダーのソリューションは価格が高く、小規模企業が導入するのは困難です。画像認識ソリューションの導入および特定のタスクを実行するためのAIの導入を可能にするトレーニングには莫大なコストがかかり、小規模小売業、電子商取引企業あるいは画像認識ソリューションベンダーにとって抑制要因となる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]