農業アナリティクスの市場規模、2025年に14億米ドル到達予想

農業アナリティクスの市場規模は、2020年の8億米ドルからCAGR12.2%で成長し、2025年には14億米ドルに達すると予想されています。また、デジタル化やリスク評価の傾向が強まり、都市農業の可能性が高まることも、市場成長の要因となります。一方、正確なフィールドデータを収集するための高コストが、市場成長を制限する要因となっています。

COVID-19が農業アナリティクス市場に与える影響

COVID-19パンデミックの影響により、農業および関連産業は、封鎖、貿易障壁、商品の輸出入の減少など、深刻な影響を受けています。多くの国が農業・食品のサプライチェーンの混乱に直面しています。FAOが発表した報告書によると、アフリカは最も被害を受けやすい国の一つです。アフリカでは、国内需要を満たすため、食料の輸入に依存しています。輸入品には、穀類、豆類、果物、野菜、そして肉類も含まれます。食料供給の途絶がアウトブレイクを深刻化させており、この問題が長期化すれば、中長期的に食料供給が減少する可能性があります。

牽引要因:アナリティクスが導く都市農業の可能性

都市農業は、コミュニティの広場や屋上庭園で人々が食料を栽培するという意味で、世界各国で人気のあるトレンドとなっています。都市農業には、単に地域社会に食料を提供するだけでなく、多くの利点があります。大雨による土砂の流出を抑え、大気の質を向上させるという点で、環境にも良い影響を与えます。また、農業区画を維持するために必要な作業は、社会的コミュニティの結びつきの強化にも役立ちます。

抑制要因:正確なフィールドデータを収集するための高コスト

農業におけるAI採用の抑制要因は、正確なフィールドデータの収集にかかる高コストです。AI技術は、高額な初期投資、効率的な農具、熟練した知識を持つ農家や生産者などを必要とします。農家や生産者は、人工衛星やGPS機器から可変率適用技術の入力データを収集するために、GPS、ドローン、GISに莫大な投資をしなければなりません。AIを利用した農業は、地理空間データの取得や、データ管理のためのトレーニングが必要となるため、コストがかかります。ナビゲーションやマッピング用途のドローンやドライバーレストラクターなどのGPS技術対応機器は、高い初期投資が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]