カジノ管理システムの市場規模、2025年に137億米ドル到達予測

カジノ管理システムの市場規模は、2020年の64億米ドルからCAGR16.4%で成長し、2025年には137億米ドルに達すると予測されています。ライフスタイルの進化や社会的関心の高まり、キャッシュレスのスロットマシンやサーバーベースのゲームの増加などが市場の成長を後押しします。

COVID-19カジノ管理システム市場への影響

カジノ・ギャンブル業界は、COVID-19パンデミックで最も深刻な被害を受けた業界の一つです。同業界では、プレイヤー追跡システムやセキュリティ・監視システムへの依存度が大幅に高まっています。カジノやリゾートでは、エンドユーザに必要なサービスを提供するために、カジノマネジメントソリューションを活用しています。

監視アプリケーション分野では、カジノ管理システムが最速で成長

現在の厳しい環境下において、カジノでは、CMSソリューションを導入したプロセスが求められています。ビデオ監視システムは、ギャンブル産業において安全で健全な環境を作るための効果的なツールであることが証明されています。ほとんどのカジノでは、新世代のカメラやネットワーク機器が導入されており、セキュリティシステムや監視システムは、プレイヤーの行動を捉えるだけでなく、将来の参考資料として役立っています。最近では、CCTVカメラの代わりにIPカメラが導入されています。

地域別では、アジア太平洋地域が最高のCAGRを記録

アジア太平洋地域(APAC)では、新技術の導入が進んでいます。APACは、中国、日本、シンガポール、オーストラリア・ニュージーランドなどの主要な経済圏で構成されており、カジノ管理システム市場において高い成長率を記録することが期待されています。近年、APACでは、著しい経済成長、政治的変革、社会的変化が起こっています。インド、日本、シンガポール、オーストラリアは、ギャンブラーにとっての新天地であり、この地域への、ITソリューションやシステムを導入したカジノの誘致が進んでいます。

牽引要因:カジノにおけるセキュリティおよび監視業務に対する需要

盗難や詐欺に対する懸念により、現在のカジノのリスク状況は進化し続けています。カジノでは、複数の出入口を有する開放的な環境で、毎日多くの金銭取引が行われており、包括的なセキュリティを確保するのは非常に困難です。セキュリティ担当者にとっては、繁忙期には多くの人が出入り口を通過するため、一人ひとりの行動を監視することが難しくなります。セキュリティや監視に対する関心の高まりを受けて、カジノ業界では顔認識や自動ナンバープレート認識など、高度なセキュリティソリューションに対する需要が急速に高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]